アンナ・リンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スウェーデンの旗 スウェーデンの政治家
アンナ・リンド
Anna Lindh
Annalindh.jpg
生年月日 1957年6月19日
出生地 スウェーデンの旗 スウェーデンストックホルム
没年月日 2003年9月11日
死没地 スウェーデンの旗 スウェーデン・ストックホルム
出身校 ウプサラ大学
所属政党 社会民主労働党
配偶者 ボー・ホルムベルイスウェーデン語版

任期 1994年 - 1998年

任期 1998年10月7日 - 2003年9月11日
テンプレートを表示

アンナ・リンド(Ylva Anna Maria Lindh、1957年6月19日 - 2003年9月11日)は、スウェーデン政治家1994年から1998年まで環境相、1998年から暗殺されるまで外相を歴任した。

ストックホルムの郊外Enskede-Årstaで生まれ、エンシェーピングで育つ。1982年にウプサラ大学を卒業。

暗殺[編集]

2003年9月10日ストックホルム中心部にあるNK(エヌコー)デパートで買い物をしていたところ、ナイフを持った男に襲撃され病院に運ばれたものの、翌朝5時29分に死亡した。

リンド死亡の3日後である9月14日ユーロ通貨統合に関する国民投票があり、リンドはユーロ導入賛成派であったことが暗殺の原因であるとも言われたが、犯人として逮捕されたミハイロ・ミハイロビッチ精神疾患を患っていたとされ、本人も政治的意図や彼女に対する恨みを否定し、刺すのは彼女以外の人間でも別に構わなかったと述べている[1]

脚注[編集]

  1. ^ Anna Lindh killer blames 'voices'.BBC(2004年1月14日)2013年4月30日閲覧

外部リンク[編集]