アンナ・ユルキェビッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Pix.gif アンナ・ユルキェビッチ
Anna JURKIEWICZ
Figure skating pictogram.svg
Anna Jurkiewicz 2007 Nebelhorn Trophy.jpg
2007年 ネーベルホルン杯 ショートプログラム
基本情報
代表国: ポーランドの旗 ポーランド
生年月日: 1984年2月9日(30歳)
出生地: ポーランド オシフィエンチム
身長: 155 cm
コーチ: Iwona Mydlarz-Chruscinska
振付師: R. Sinicyn
E. Maslennikova
F. Blatak
所属クラブ: UKLF Unia オシフィエンチム
ISU パーソナルベストスコア
トータルスコア: 130.29 2009 世界選手権
ショートプログラム: 45.6 2009 世界選手権
フリースケーティング: 84.69 2009 世界選手権

アンナ・ユルキェビッチポーランド語: Anna Jurkiewicz, 1984年2月9日 - )は、ポーランド出身の女性フィギュアスケート選手(女子シングル)。2010年バンクーバーオリンピックポーランド代表。2007年及び2008年ポーランド選手権優勝、2009年チェコ国際選手権ポーランド所属選手の最高成績者[1]2000年 JGPバルト杯優勝。

経歴[編集]

ユルキェビッチは少女時代から天才と称され、早くに将来を嘱望された選手だった。10才にはアクセルをのぞく5種類のトリプルジャンプを跳んでいた。ポーランドフィギュアスケート連盟は国際スケート連盟に対しジュニアクラス国際大会への特例出場を何度も懇願したがかなわなかったという。

1997-1998シーズンのジュニアデビューで颯爽と世界ジュニア選手権5位に入ったユルキェビッチだったが体重コントロールと背中の怪我に悩まされ、2003年には膝の怪我の手術のために競技を離れた。

2006年、3年にわたるリハビリの後に新採点法に変わっていた競技に復帰。オリンピック出場とトリプルアクセルを降りることが夢と語り、ポーランド選手権で連続優勝。2008-2009シーズンのチェコ国際選手権では計4度の転倒で11位に留まったものの、世界選手権では前年の34位から19位に成績を伸ばし見事ポーランドのオリンピック出場枠を獲得した。

主な戦績[編集]

2001-2002シーズン以降[編集]

大会/年 2001-02 2002-03 2006-07 2007-08 2008-09 2009-10 2010-11
冬季オリンピック 30
世界選手権 31 34 19
欧州選手権 22 19
ポーランド選手権 4 2 1 1 1[1] 2[2] 1[3]
GPエリック杯 10
ニース杯 13 J 2 14 2 9
NRW杯 18
ネペラ記念 6 17 4
ゴールデンスピン 7
ネーベルホルン杯 7
メラーノ杯 2
シェーファー記念 9 10

2000-2001シーズン以前[編集]

大会/年 1995-96 1996-97 1997-98 1998-99 1999-00 2000-01
世界Jr.選手権 5 25 27 31
ポーランド選手権 2 J 1 J 1 J 1 J 1 J
SNPグランプリ 1
JGPファイナル 5
JGブラオエン・シュベルター杯 4 2 5
JGPバルト杯 1
JGPピルエッテン 11
JGPハーグ 9
JGPサン・ジェルヴェ 2
JSソフィア杯 8
ガルデナスプリング杯 1 J
  • J =ジュニアクラス

詳細[編集]

2010-2011 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2010年12月16日-18日 三国選手権ズィリナ 1
43.20
2
75.63
1
118.83
2010年11月30日-12月5日 2010年NRW杯ドルトムント 13
41.61
20
67.17
18
108.78
2010年10月13日-17日 2010年ニース杯ニース 10
45.08
9
82.38
9
127.46
2010年9月30日-10月2日 2010年オンドレイネペラメモリアルブラチスラヴァ 5
42.94
4
78.45
4
121.39


2009-2010 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2010年2月23日-25日 バンクーバーオリンピックバンクーバー 30
36.10
- 30
2009年12月19日-20日 三国選手権[2]チェシン 6
34.8
8
66.61
8
101.41
2009年10月16日-17日 ISUグランプリシリーズ エリック・ボンパール杯パリ 9
43.86
10
71.2
10
115.06


2008-2009 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2009年3月27日-28日 2009年世界フィギュアスケート選手権ロサンゼルス 20
45.60
16
84.69
19
130.29
2008年12月5日-6日 チェコ国際選手権チネツ 10
30.98
11
56.17
11[1]
87.15
2008年11月22日-23日 2008年オンドレイネペラメモリアルブラチスラヴァ 18
26.50
14
55.80
17
82.30


2007-2008 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2008年3月17日-23日 2008年世界フィギュアスケート選手権ヨーテボリ 34
37.09
- 34
2008年1月21日-27日 2008年ヨーロッパフィギュアスケート選手権ザグレブ 20
42.55
18
78.21
19
120.76
2007年11月8日-11日 2007年ゴールデンスピンザグレブ 6
42.04
8
77.09
7
119.13
2007年10月19日-21日 2007年ニース杯ニース 2
45.64
2
79.68
2
125.32
2007年10月6日-7日 2007年メラーノ杯メラーノ 1
45.01
3
71.03
2
116.04
2007年9月27日-29日 2007年ネーベルホルン杯オーベルストドルフ 8
44.95
7
81.88
7
126.83
2007年9月20日-22日 2007年オンドレイネペラメモリアルブラチスラバ 8
35.82
6
73.01
6
108.83


2006-2007 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2007年3月19日-25日 2007年世界フィギュアスケート選手権東京 31
36.39
- 31
2007年1月22日-28日 2007年ヨーロッパフィギュアスケート選手権ワルシャワ 24
37.44
20
69.87
22
107.31
2006年11月11日-14日 2006年カールシェーファーメモリアルウィーン 10
35.27
11
63.39
10
98.66
2006年11月9日-12日 2006年ニース杯ニース 13
24.95
14
49.63
14
74.58


2002-2003 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2002年11月15日-19日 2002年カールシェーファーメモリアルウィーン 10 10 9
2002年11月日-日 2002年ニース杯ニース 1 2 2


プログラム使用曲[編集]

シーズン SP FS エキシビジョン
2009-2010 黒い瞳 リベルタンゴ
作曲:アストル・ピアソラ
2008-2009 レジェンド・オブ・メキシコ/デスペラード
サウンドトラックより
2007-2008 Shall We Dance?
サウンドトラックより
2006-2007 ラ・レイエンダ・デル・ベソ
曲:ラウル・ディ・ブラシオ
Shall We Dance?
サウンドトラックより
2002-2003 セント・オブ・ウーマン/夢の香り
サウンドトラックより
ショパンの楽曲より

脚注[編集]

  1. ^ a b c 国内選手権をスロバキア、チェコと合同開催した。ポーランド所属選手で1位、全体で11位。
  2. ^ a b 国内選手権をスロバキア、チェコと合同開催した。ポーランド所属選手で2位、全体で8位。
  3. ^ チェコ、スロバキアと合同開催した。ポーランド所属選手で1位、全体でも1位。

参考文献[編集]