アンナ・フォン・ザクセン (1836-1859)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トスカーナ大公世子夫人アンナ

アンナ・フォン・ザクセン:Anna von Sachsen, 1836年1月4日 - 1859年2月10日)は、ザクセンヨハンとその妃でバイエルン王マクシミリアン1世の娘であるアマーリエ・アウグステの間の四女。全名はアンナ・マリア・マクシミリアーネ・シュテファニア・カロリーネ・ヨハンナ・ルイーザ・クサヴェリア・ネポムツェーナ・アロイジア・ベネディクタ(Anna Maria Maximiliane Stephania Karoline Johanna Luisa Xaveria Nepomucena Aloysia Benedicta von Sachsen)。

アンナは1856年11月24日、ドレスデンにおいてトスカーナ大公国大公世子のフェルディナンドと結婚したが、2度目の出産に際して亡くなった。夫はアンナの死後まもなくフェルディナンド4世としてトスカーナ大公位を継承したが、大公国はすぐに消滅している。

アンナは夫との間に娘を一人もうけた。

  • マリーア・アントニエッタ・レオポルディナ・アンヌンツィアータ・アンナ・マリア・ジュゼッパ・ジョヴァンナ・インマコラータ・テクラ(1858年 - 1883年) - 修道女