アンドロス島 (バハマ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アンドロス島の海岸

アンドロス島(Andros Island)は、西インド諸島バハマにある。面積2,323Km²で、バハマ諸島の中では一番大きな島である。首都のあるニュープロビデンス島の西方に位置する。

概要[編集]

アンドロス島は石灰岩からなるサンゴの島で、マングローブの泥地があり、クリークも多く見られる。島の東側は延長225Kmのアンドロス・バリア・リーフ(Andros Barrier Reef)になっている。

人口は約10,000人。島最大の町は人口800人のニコルズ・タウン(Nicholl's Town)。空港は北部のサン・アンドロス(San Andros)と中部のアンドレス・タウン(Andres Town)、南部のコンゴ・タウン(Congo Town)の3ヶ所にある。

主な見所はモーガンズ・ブラフ(Morgan's Bluff)で、海賊ヘンリー・モーガン財宝を隠したと言われている場所。北部のレッド・ベイズ(Red Bays)にはアメリカフロリダから逃亡した黒人奴隷とセミノール族の子孫が暮らす。

歴史[編集]

1550年スペイン人が到来し、"La Isla Del Espiritu Santo"(聖なる精神の島)と呼んだ。島には先住民のルカヤン族が定住していたが、白人との戦いや伝染病、それにスペイン人が彼等を奴隷として酷使したことなどにより、やがて絶滅してしまった。1782年に島はサン・アンドロス(San Andros)として地図に現れている。

現名はバルバドスのイギリス軍の指揮官であり、またニューイングランド自治領の知事であったエドマンド・アンドロス(Sir Edmund Andros 、1637年-1714年)を記念して名付けられたと言われている。一方、ニカラグア東岸、モスキート海岸(en:Mosquito Coast)沖のセント・アンドレアス島(st Andreas、サンアンドレス島)の住民の名に因んでサン・アンドロスと呼ばれた、との説もある。

19世紀にヘンリー・モーガンを始めとする海賊が島を占領した。また1821年、フロリダから奴隷マルーン)がこの島に逃げて住み着き、それ以前の17世紀頃にはフロリダのアメリカ先住民セミノール族もカヌーでアンドロス島に住み着いている。

座標: 北緯24度26分 西経77度57分 / 北緯24.433度 西経77.950度 / 24.433; -77.950