アンドレ・ラルマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アンドレ・ラルマンAndré Lallemand1904年9月29日 - 1978年3月24日)はフランス天文学者光電子倍増管の天文分野への応用に功績があった。

fr:Cirey-sur-Vezouzeで生まれた。ストラスブール大学で学び、ストラスブール天文台で働いた後、1943年にパリに移った。暗い天体の観測の為に光電子倍増管の利用を進め、1950年代には電子的な画像を得ることに成功した。コレージュ・ド・フランスの教授に任じられ、1961年から1974年の間パリ天体物理研究所の所長を務めた。

1961年に科学アカデミーの会員に選ばれ、1962年エディントン・メダルを受賞した。月のクレータに命名された。科学アカデミーによって天文学の賞、ラルマン賞Prix Lallemand)が設けられた。

外部リンク[編集]