アンドレ・コリンバ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アンドレ・コリンバ (André Kolingba1935年8月12日 - 2010年2月7日[1]) は、中央アフリカ共和国軍人政治家1981年から1993年まで中央アフリカの大統領を務めた。中央アフリカ民主連合(RDC)の指導者。

コリンバは1935年に当時フランス領ウバンギ・シャリの首都であったバンギで生まれ、フランス軍に入隊し、1960年に中央アフリカが独立するとその軍に加わった。1979年にダヴィド・ダッコ大統領がボカサ皇帝を追放すると、中央アフリカ共和国軍参謀総長となった。

1981年、コリンバはダッコをクーデターで追放し、政権を奪取した。コリンバは国家再建軍事委員会の議長として元首の座に就き、パタセなどの反対派政治家を追放した。1985年には大統領に就任したが、その政権運営は独裁的で、政党はRDCの一党しか認められず、また自らの属するヤコマ人を筆頭とする南部出身者を重用し、北部人との対立を起こした。

1993年、経済難などを理由に民主化運動が激化。コリンバは複数政党制を認めざるを得なくなり、選挙の結果パタセ元首相が大統領に就任。コリンバは下野した。

2001年、コリンバ派の軍人がパタセ大統領に対するクーデター未遂を起こしたが、クーデターは失敗。コリンバはウガンダへと逃亡した。

2010年2月7日パリにて死去した。

家族[編集]

息子のデジレ・コリンバは、2014年2月、中央アフリカの議会(国民移行評議会)による大統領選出選挙で決選投票まで残ったものの、カトリーヌ・サンバ=パンザに敗れている[2]

出典[編集]

  1. ^ Former Central Africa president dies: party Yahoo! News. Retrieved 2010-02-07.
  2. ^ “中央アフリカの暫定大統領に首都市長、同国初の女性大統領”. AFPBBNews (フランス通信社). (2014年1月21日). http://www.afpbb.com/articles/-/3006910 2014年2月13日閲覧。 
先代:
ダヴィド・ダッコ
中央アフリカ共和国大統領
1981 - 1993
次代:
アンジュ=フェリクス・パタセ