アンドレス・グティエレス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アンドレス・グティエレス
基本情報
本名 アンドレス・グティエレス・ベラ
通称 Jaguarcito
階級 スーパーバンタム級
身長 173cm
リーチ 178cm
国籍 メキシコの旗 メキシコ
誕生日 1993年7月8日(21歳)
出身地 ケレタロ州ケレタロ
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 31
勝ち 30
KO勝ち 22
敗け 0
引き分け 1
無効試合 0
テンプレートを表示

アンドレス・グティエレスAndrés Gutiérrez、男性、1993年7月8日 - )は、メキシコプロボクサーケレタロ州ケレタロ出身。フェザー級から階級を現在のスーパーバンタム級に落として活躍中の強打者。スーパーバンタム級からの強打は最大の武器になっている。サウル・アルバレスのカネロ・プロモーションズ所属。

来歴[編集]

2009年1月24日、ビクトル・オロスコと対戦し、3-0(40-34、40-36、40-36)の判定勝ちを収めデビュー戦を勝利で飾った。グティエレスは15歳だった。

2009年10月10日、デビッド・メルカドと対戦し、3回KO勝ちを収めた。この試合の勝利後センセーショナルなKOアーティストとして、注目を集めるようになった。

2010年8月7日、26戦全敗のファン・カルロス・アボイテと対戦し、一撃痛烈ダウンで初回KO勝ちを収めた。

2010年10月23日、アンドレス・ロメロと対戦し、3-0(3者とも100-90)の判定勝ちを収めた。

2011年5月28日、スーパーバンタム級きっての強打者ヘネロ・カマルゴと対戦し、5回1分58秒TKO勝ちを収めた。

2011年8月6日、ヘスス・ルイスとWBAフェデセントロフェザー級王座決定戦を行い、7回にダウンを奪うも9回判定で引き分けた為、王座獲得に失敗した。

2011年11月26日、フランクリン・バレラとCABOFEスーパーバンタム級王座決定戦を行い、7回1分31秒TKO勝ちで王座獲得に成功した。

2012年3月10日、デビス・ペレスと対戦し、ペレスの4回終了時棄権によりCABOFEスーパーバンタム級王座の初防衛に成功した。

2012年6月23日、オナルビ・シエラとIBFインターナショナルバンタム級王座決定戦を行い、9回TKO勝ちで王座獲得に成功した。

2012年11月24日、ウーゴ・ベリオとFECARBOXフェザー級王座決定戦を行い、4回1分34秒KO勝ちで王座獲得に成功した。

2013年2月2日、ホセ・カルモナと対戦し、2回3分7秒KO勝ちで初防衛に成功した。

2013年4月20日、テキサス州サンアントニオアラモドームWBC世界スーパーバンタム級シルバー王座決定戦をサルバドール・サンチェスと行い、5回1分25秒TKO勝ちを収め王座獲得に成功した。

2013年7月6日、レイ・ペレスと対戦し、3-0(3者とも120-108)の判定勝ちを収めWBC世界スーパーバンタム級シルバー王座の初防衛に成功した。

2013年11月2日、エルニエ・サンチェスと対戦し、3-0の判定勝ちを収めWBC世界スーパーバンタム級シルバー王座の2度目の防衛に成功した。

2014年8月9日、亀田興毅と対戦経験のあるマリオ・マシアスと対戦し、3-0(118-109、116-110、117-110)の判定勝ちを収めWBC世界スーパーバンタム級シルバー王座の3度目の防衛に成功した。

2014年11月8日、ケレタロ州ケレタロで元WBA世界バンタム級暫定王者ウーゴ・ルイスと対戦する予定である。

獲得タイトル[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]