アンドレイ・マキーヌ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アンドレイ・マキーヌ
Andreï Makine
Makine Andreï.IMG 3218.JPG
誕生 1957年9月10日(56歳)
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦クラスノヤルスク
職業 小説家
国籍 フランスの旗 フランス
文学活動  
主な受賞歴 ゴンクール賞(1995)、メディシス賞(1995)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示


アンドレイ・マキーヌAndreï Makine, 1957年9月10日 – )は、ロシア系フランス人小説家である。

1957年、ソビエト連邦クラスノヤルスクで生まれた。 1987年、フランスへ渡る。高等師範学校パリ政治学院でロシア文学・ロシア文化のコースを教え、文筆に専念した。1992年、イヴァン・ブーニン研究が認められソルボンヌ大学の博士号が贈られた。 1995年、ゴンクール賞、メディシス賞を受賞した。

受賞歴[編集]

著書[編集]

  • La fille d'un héros de l'Union soviétique (A Hero's Daughter(『たった一つの父の宝物 ― あるロシア父娘の物語

』)), 1990

  • Confession d'un porte-drapeau déchu(Confessions of a Fallen Standard-Bearer), 1992
  • Au temps du fleuve Amour(Once Upon the River Love), 1994
  • Le Testament français(en:Dreams of My Russian Summers(『フランスの遺言書』)), 1995
  • Le Crime d'Olga Arbelina(Crime of Olga Arbyelina), 1998
  • Requiem pour l'Est(Requiem for a Lost Empire), 2000
  • La Musique d'une vie(A Life's Music), 2001
  • La Terre et le ciel de Jacques Dorme(The Earth and Sky of Jacques Dorme), 2003
  • La femme qui attendait(The Woman Who Waited), 2004
  • L'Amour humain(Human Love), 2006
  • "Le Monde selon Gabriel", 2007
  • La Vie d'un homme inconnu, 2009

日本語訳された作品[編集]

  • 『フランスの遺言書』星埜守之訳、水声社、2000年
  • 『たった一つの父の宝物 ― あるロシア父娘の物語』白井成雄訳、作品社、2002年
  • 『ある人生の音楽』星埜守之訳、水声社、2003年