アンドレイ・チミル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アンドレイ・チミル
Andreï Tchmil
Cycling (road) pictogram.svg
Andreï TCHMIL.jpg
個人情報
本名 Андрій Чміль(ウクライナ語)
アンドレイ・チミル
生年月日 1963年1月22日(51歳)
国籍 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦 ( -1992)
モルドバの旗 モルドバ (1992-1995)
ウクライナの旗 ウクライナ (1995–1998)
ベルギーの旗 ベルギー (1998- )
チーム情報
所属 チーム・カチューシャ
分野 ロードレース
役割 ゼネラル・マネジャー
プロ所属チーム
1989-1990
1991
1992-1993
1994-2002
アルファ・ルム
SEFB
GB-MG
ロット
監督所属チーム
2009-
チーム・カチューシャ
主要レース勝利
UCIロードW杯 (1999)
GP西フランス・プルエー (1994)
ミラノ〜サンレモ (1999)
パリ〜ルーベ (1994)
パリ〜ツール (1997)
ロンド・ファン・フラーンデレン (2000)
最終更新日
2011年2月2日

アンドレイ・チミル(Andreï Tchmil、ウクライナ語表記:Андрій Чміль1963年1月22日 - )は、ロシア(旧ソビエト連邦)、ハバロフスク出身の元自転車競技ロードレース)選手。現在はUCIプロチームチーム・カチューシャのゼネラルマネジャーを務める。

選手時代は、クラシックスペシャリストとしての実績を残した。

経歴[編集]

生後まもなく、一家がウクライナに移住。自転車競技のスタートは、モルドバ共和国にあったサイクリングスクール時代であった。

1989年イタリアのアルファ・ルムと契約を結んでプロロード選手に転向。

1991年

  • ソ連選手権・個人ロードレースを優勝した。

ソ連邦崩壊後は、ウクライナ国籍を得たが、その後、モルドバ共和国籍を経て、生活の拠点としていたベルギーの国籍を取得した。

1994年

1997年パリ〜ツール 優勝

1999年

2002年

  • デ・パンネ3日間で落車事故に巻き込まれ、その怪我の治りが悪いことや年齢的な面も原因でチームからの契約がシーズン途中にも関わらず解除されることになり、同年5月に行われたツール・ド・ベルギー第3ステージを勝利した当日に選手を引退した(契約解除の事実は後日表面化した)。

その後政治家に転身。2006年8月、モルドバ共和国のスポーツ大臣に任命された。

2009年より、チーム・カチューシャのチームマネジャーに就任。現在、同チームのゼネラルマネジャー(GM)を務める。

エピソード[編集]

1993年には最強チームとして名高かったGB-MGチームに在籍するが、マリオ・チポリーニを中心とするイタリア勢とヨハン・ムセウを中心とするベルギー勢との軋轢に悩まされた。彼曰く「ベルギー選手のアシストをすればイタリア勢から文句を言われ、イタリア選のアシストに加われば逆のことになる」という状態だったという。この末に「モルドバはベルギーの植民地でもイタリアの植民地でもない」と非難のコメントを残し、自分をエース格として扱うロットチームへ移籍した。

外部リンク[編集]