アンドレイ・チェルカソフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アンドレイ・チェルカソフ Tennis pictogram.svg
AndreiCherkasov-RG1994.jpg
基本情報
ラテン文字名 Andrei Cherkasov
国籍 ロシアの旗 ロシア
出身地 同・ウファ
生年月日 1970年7月4日(44歳)
身長 180cm
体重 75kg
利き手
ツアー経歴
デビュー年 1988年
引退年 2007年
ツアー通算 2勝
シングルス 2勝
ダブルス 0勝
生涯通算成績 219勝261敗
シングルス 193勝214敗
ダブルス 26勝47敗
4大大会最高成績・シングルス
全豪 ベスト8(1990)
全仏 ベスト8(1992)
全英 1回戦(1989-94)
全米 ベスト8(1990)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 1回戦(1991)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 13位
ダブルス 141位
獲得メダル
男子 テニス
オリンピック
1992 バルセロナ シングルス

アンドレイ・チェルカソフAndrei Cherkasov, ロシア語: Андре́й Генна́диевич Черка́сов, 1970年7月4日 - )は、ロシアウファ出身の男子プロテニス選手。ソ連時代から活躍し、1992年バルセロナ五輪で男子シングルスの銅メダルを獲得した選手である。シングルス自己最高ランキングは13位。ATPツアーでシングルス2勝を挙げた。彼の名前は、同じソ連の男子プロテニス選手であるアンドレイ・チェスノコフと混同しやすい。

チェルカソフはジュニア時代、1987年全米オープンジュニア男子シングルス部門でデビッド・ウィートンアメリカ)に敗れた準優勝がある。1988年にプロ入りし、その年から男子テニス国別対抗戦・デビスカップソ連代表選手に選ばれ、同年のソウル五輪の男子シングルスにも出場した。1989年全仏オープン4大大会初出場。1990年にチェルカソフは著しい躍進を遂げ、全豪オープン全米オープンでベスト8に進出した。初出場の全豪オープンでは、1回戦で日本松岡修造を破った試合から始まり、準々決勝で第1シードのイワン・レンドルに 3-6, 2-6, 3-6 で敗れた。全米オープンでは、チェルカソフは3回戦で1989年全仏オープン優勝者のマイケル・チャンを破り、準々決勝でアンドレ・アガシに 2-6, 2-6, 3-6 のストレートで敗れている。1990年11月、ソ連のテニストーナメントとして「クレムリン・カップ」が創設された。チェルカソフは決勝でティム・メイヨットアメリカ)を 6-2, 6-1 で破ってツアー初優勝を飾り、同大会で第1回男子シングルス優勝者に輝いた。

1991年全仏オープンで初の4回戦に進み、クレムリン・カップで2連覇を達成した。1991年末にソ連崩壊が起こり、ウファ出身のチェルカソフは「ロシア」国籍の選手となる。1992年、チェルカソフは全仏オープンでもベスト8に進出し、準々決勝でペトル・コルダ(当時チェコスロバキア)に 4-6, 7-6, 2-6, 4-6 で敗れた。7月のバルセロナ五輪で、チェルカソフはEUN代表選手として2度目のオリンピック出場を果たし、男子シングルスの銅メダルを獲得した。準決勝ではスペイン代表のホルディ・アレッセに 4-6, 6-7, 6-3, 3-6 で敗れたが、この大会では準決勝敗退選手2名による「銅メダル決定戦」がなかったことから、チェルカソフとゴラン・イワニセビッチクロアチア)の2人が銅メダリストになった。

その後チェルカソフの好成績は少なくなり、男子ツアーの優勝は1990年1991年クレムリン・カップ2連覇のみで止まってしまう。ウィンブルドンでは1勝も挙げられず、1989年-1994年まで6年連続1回戦敗退に終わった。最後の4大大会出場は、1999年全豪オープンであった。彼は男子ツアー下部組織の大会で長く現役を続行し、2007年4月まで競技記録を残した。

外部リンク[編集]