アンドレイ・カラジョルジェヴィチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アンドレイ・カラジョルジェヴィチセルビア語:Андреј Карађорђевић, 1929年6月28日 - 1990年5月7日)は、ユーゴスラビア王国の王族。国王アレクサンダル1世とその妻マリア王妃の第3子、三男として、スロベニアブレッドで生まれた。兄に国王ペータル2世トミスラヴ王子がいる。

1941年、ナチス・ドイツユーゴスラビア侵攻を開始すると、兄ペータル2世に従ってロンドンに渡った。ユーゴスラヴィアの王制が崩壊し、亡命を余儀なくされたため、ケンブリッジ大学クレア・カレッジで数学を学んだあと、保険仲立人として働いた。

アンドレイは1956年8月1日、ヘッセン=カッセル公子クリストフ・フォン・ヘッセンとギリシャ王女ソフィア・ティス・エラザスの長女クリスティーナ・マルガレーテ(1933年 - 2011年)と結婚した。ソフィアはイギリス女王エリザベス2世の夫エディンバラ公フィリップの姉である。夫妻はマリア・タチアナ(1956年 - )、フリストフェル(1960年 - 1994年;交通事故のため薨去)の一男一女をもうけたが、クリスティーナが詩人ロベルト・フローリス・ファン・アイク(建築家アルド・ファン・アイクの兄)と不倫関係になったため、1962年に離婚した。

1963年9月18日、アンドレイはライニンゲン公女キーラ(1930年 - 2005年)と再婚した。キーラはロシア公女マリヤ・キリロヴナの娘である。二人はアンドレイが最初の妻クリスティーナと正式に離婚する前にラヴィニア・マリア(1961年 - )という娘をもうけたため、結婚後にラヴィニア・マリアを実父アンドレイの養女にするという形をとった。夫妻は他にカール・ヴラディーミル(1964年 - )、ディミトリ(1965年 - )の2人の息子をもうけたが、1972年には離婚した。

アンドレイは1974年3月30日にセルビア人のエヴァ・アンジェイコヴィチ(1926年 - )と三度目の結婚をした。二人の間に子どもはなかった。

アンドレイは1990年にアメリカ合衆国のカリフォルニア州アーバインで、自分の車の中で一酸化炭素中毒による自殺を遂げた。