アンドレア・イアンノーネ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アンドレア・イアンノーネ
Andrea Iannone 2011 Brno.jpg
2011年 チェコGP
国籍 イタリアの旗 イタリア
生年月日 1989年8月9日(25歳)
出身地 ヴァスト
ロードレース世界選手権での記録
- MotoGPクラスに参戦 -
現在のチーム プラマックレーシング
ゼッケン 29
レース数 128
優勝回数 12
表彰台回数 24
PP回数 8
FL回数 14
通算獲得ポイント 861.5
2012年の成績 3位 (193ポイント)
2009年 カタルニアGP

アンドレア・イアンノーネ ( Andrea Iannone, 1989年8月9日 - ) は、イタリアヴァスト出身のオートバイレーサー2013年ロードレース世界選手権MotoGPクラスに参戦中。

経歴[編集]

ミニバイクレースで活躍した後、アブルッツォ・ジュニア・チームからイタリア・スペインの国内ロードレース選手権、ヨーロッパ選手権に参戦し、安定した成績を残した。2005年には同チームからロードレース世界選手権125ccクラスにフル参戦を果たし、第15戦トルコGPでベストリザルトとなる10位に入賞、シリーズランキング19位に入った。

2006年はカンペテーラ・レーシングに移籍するが、シーズン途中に解雇されてしまった。第13戦マレーシアGPではWTRブラウエル・チームから出場の機会を得たが、腰骨を骨折してしまい、残りシーズンを欠場することになった[1]。結局この年は11レースの出場でシリーズ22位に終わる。2007年は同じくWTRチームからステファノ・ビアンコのチームメイトとしてフル出場を果たしたが、トルコGPでの9位がベストリザルト、シリーズ20位と成績は伸び悩んだ。

2008年はI.C. チームに移籍すると、ウェットレースとなった第4戦中国GPで初優勝を遂げた。また第17戦マレーシアGPでは初のポールポジションを獲得し、シリーズランキングは10位と大きく成績を伸ばした。

2009年も同チームに残留(チーム名はオンガッタ・チーム I.S.P.A.に改称)、ワークスマシンのRSA125を得たイアンノーネは開幕戦カタールGP第2戦日本GPと2連勝、第6戦カタルニアGPではトップを走行していたフリアン・シモンがファイナルラップに周回数を勘違いしてスローダウンしたおかげで3勝目を挙げるなどの活躍を見せ、シーズン中盤まではチャンピオン争いのトップに立っていた。しかしシーズン後半、第13戦サンマリノGPではファイナルラップにトップを走行中にポル・エスパルガロを巻き込んで転倒するなどリタイアが重なり、最終的なランキングは7位にまで落ちてしまった。またそのサンマリノGPでの転倒後、冷静さを失ったイアンノーネはエスパルガロに頭突きを食らわせてしまい、罰金のペナルティを受けている[2]

2010年は元グランプリライダーのルカ・ボスコスクーロが率いるスピードアップ・チームからガボール・タルマクシをチームメイトに、新しく始まったMoto2クラスに参戦した[3]。イアンノーネは第4戦イタリアGP第6戦ダッチTT第13戦アラゴンGPと、この年のチャンピオンとなるトニ・エリアスの次に多いシーズン3勝を挙げる活躍を見せた。いずれのレースもポールポジションからスタートし、独走で逃げ切る圧倒的な勝利だった。しかし第7戦カタルニアGPでは黄旗区間での追い越し、第12戦サンマリノGPではフライングスタートでペナルティを受けるなどのミスが祟り、年間ランキングでは未勝利ながら安定した成績を残したフリアン・シモンに2ポイント差で競り負けて3位に終わった。

2011年シーズンはイアンノーネの父親と、バレンティーノ・ロッシのアシスタントである“ウーチョ”ことアレッシオ・サルッチが中心となり結成されたスピードマスター・チームに移籍、Moto2クラスに継続参戦する[4]。年間3勝をあげ年間ランキング3位で終了する。

2012年シーズンは再びスピードアップ・チームへ復帰し、第5戦カタルーニャGPでは2011年14戦日本GP以来となる優勝を逆転で果たす。母国開催の第9戦イタリアGPではポル・エスパルガロとの一騎打ちを制し2回目のイタリアGP勝利を果たし、3年連続シーズン年間ランキング3位となった。

2013年シーズンはMotoGPクラスへステップアップし、ドゥカティのサテライトチームであるプラマック・レーシングより参戦する。

ロードレース世界選手権 戦績[編集]

  • 凡例
  • ボールド体のレースはポールポジション、イタリック体のレースはファステストラップを記録。
シーズン クラス バイク 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 順位 ポイント
2005年 125cc アプリリア SPA
21
POR
26
CHN
18
FRA
23
ITA
16
CAT
11
NED
26
--- GBR
Ret
GER
Ret
CZE
11
JPN
13
MAL
18
QAT
19
AUS
Ret
TUR
10
VAL
15
20位 20
2006年 125cc アプリリア SPA
15
QAT
13
TUR
15
CHN
13
FRA
9
ITA
Ret
CAT
17
NED
Ret
GBR
17
GER
24
--- CZE MAL
Ret
AUS JPN POR VAL 22位 15
2007年 125cc アプリリア QAT
15
SPA
12
TUR
9
CHN
11
FRA
Ret
ITA
Ret
CAT
17
GBR
15
NED
20
GER
24
--- CZE
Ret
SMR
14
POR
18
JPN
10
AUS
20
MAL
18
VAL
20
20位 26
2008年 125cc アプリリア QAT
14
SPA
18
POR
11
CHN
1
FRA
5
ITA
12
CAT
Ret
GBR
Ret
NED
8
GER
11
--- CZE
9
SMR
6
IND
Ret
JPN
Ret
AUS
4
MAL
10
VAL
6
10位 106
2009年 125cc アプリリア QAT
1
JPN
1
SPA
19
FRA
7
ITA
Ret
CAT
1
NED
4
--- GER
7
GBR
Ret
CZE
3
IND
Ret
SMR
Ret
POR
Ret
AUS
8
MAL
8
VAL
Ret
7位 125.5
2010年 Moto2 スピードアップ QAT
19
SPA
Ret
FRA
4
ITA
1
GBR
12
NED
1
CAT
13
GER
2
--- CZE
3
IND
4
SMR
Ret
ARA
1
JPN
13
MAL
3
AUS
3
POR
21
VAL
2
3位 199
2011年 Moto2 スッター QAT
2
SPA
1
POR
13
FRA
Ret
CAT
15
GBR
16
NED
12
ITA
5
GER
14
--- CZE
1
IND
11
RSM
3
ARA
2
JPN
1
AUS
8
MAL
9
VAL
11
3位 177
2012年 Moto2 スピードアップ QAT
2
SPA
14
POR
5
FRA
4
CAT
1
GBR
4
NED
2
GER
16
--- ITA
1
IND
9
CZE
4
RSM
3
ARA
4
JPN
18
MAL
6
AUS
Ret
VAL
11
3位 193
2013年 MotoGP ドゥカティ QAT
9
AME
SPA
FRA
ITA
CAT
NED
GER
USA
IND
CZE
GBR
RSM
ARA
MAL
AUS
JPN
VAL
9位* 7*
  • * は、シーズン中の順位とポイント。

脚注[編集]

外部リンク[編集]