アントーニオ・ジャシント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アントーニオ・ジャシント・ド・アマラル・マルティンスアンゴラ共和国ルアンダ1924年9月28日 - ポルトガル共和国リスボン1991年6月23日)とは、アンゴラの詩人である。

略歴[編集]

ルアンダで免許を得た後、彼は公務員として働き出した。彼は抵抗詩によって名を上げ、政治的過激さの帰結として逮捕され、1960年から1972年までカーボベルデタラファル収容所に送られた。仮釈放の時にリスボンに移転し、経理士として働いた。彼は1973年にアンゴラ解放人民運動に参加するために脱出した。まもなく1975年に独立が宣言され、1978年まで彼は教育相と文化長官を務めた。

伝記[編集]

  • António Jacinto, Poems, 1961, Éditions Casa dos Estudantes do Império, Lisbon.
  • António Jacinto, Outra vez Vovô Bartolomeu (Portuguese, Another time Grandfather Bartolomeu), 1979.
  • António Jacinto, Survivre dans Tarrafal de Santiago (French, Surviving in Tarrafal de Santiago), Éditions INALD (Instituto Nacional do Livro de Disco), 1985, Luanda.

詩集選[編集]

  • O grande desafio (Portuguese, The great challenge)
  • Poema da alienação (Poem of alienation)
  • Carta dum contratado (Letter of a contract worker)
  • Monangamba (French adaptation and music setting by Colette Magny in 1964)
  • Canto interior de uma noite fantástica (Interior chant of a fantastic night)
  • Era uma vez (literally, it was once; can be translated as, once upon a time)
  • Bailarina negra (Black dancer)
  • Ah! Se pudésseis aqui ver poesia que não há! (Ah! If you could see that there is no poetry here!)

外部リンク[編集]