アントン・デ・ハーエン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Anton de Haen

アントン・デ・ハーエン(Anton de Haen 、1704年12月8日1776年9月5日)はオランダ生まれの、オーストリアで働いた医師である。ウィーンに最初に設立された近代的な病院の初代の院長となった。臨床医学の発展に貢献した。

ハーグに生まれた。ライデン大学ヘルマン・ブールハーフェのもとで学んだ。1754年、オーストリアのウィーン大学に招かれ、大学の病院の院長となり臨床医学の教育を行った。ゲラルド・ファン・スウィーテンの協力のもとに組織的な医学教育を組織した。病理解剖を行う他、患者の病歴を記録を行った。早い時期に、治療における体温測定の重要性を認識したひとりで、継続的な測定を行った。スウィーテンの死後はマリア・テレジアの侍医の職を継いだ。

著書[編集]

  • Verhandeling van de tegenwoordige ziekte en sterte van het rundvee (1745)
  • Quaestiones saepius motae super methodo inoculandi variolas, and cuas directa eroditorum responsa Hucusque desideratur (1757)
  • Theses pathologicae de haemorrhoidibus / A medicinae studiosis ordine defendendae, et oppugnandae (1759)
  • Wederlegging van de inentinge... dienende tot antwoord, op twee, in het jaar MDCCLIX. te voorschyn gekomene, stukjes (1760)
  • Proeven omtrent de voornaamste hulpmiddelen ter reddinge van drenkelingen en andere ongelukkigen, die door eenige oorzaken verstikt, hun leven byna of waarlyk schynen verloren te hebben (1771)
  • Ratio medendi in nosocomio practico (1773)
  • De magia liber (1775)
  • Heilingsmethode (1783)
  • Tractatus de vermibus intestinorum corporis humani, et ictero

参考文献[編集]