アントン・コービン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
 アントン・コービン
Anton Corbijn
Anton Corbijn (Berlinale 2012).jpg
アントン・コービン
(2012年ベルリン国際映画祭にて)
本名 Anton Johannes Gerrit Corbijn van Willenswaard
アントン・ヨハネス・ジェリット・コルバイン・ヴァン・ウィレンスワールド
国籍 オランダの旗 オランダ
生年月日 1955年5月20日(59歳)
オランダの旗 オランダ南ホラント州ストライエン
活動時期 1979年 -
他の活動 映画監督
公式サイト anton corbijn
テンプレートを表示

アントン・コービンオランダ語読みではアントン・コルバインオランダ語: Anton Corbijn, 1955年5月20日 - )は、オランダ生まれのロック・フォトグラファーU2デヴィッド・ボウイビョークらを撮影し続けてきた。ロンドン在住[1]

経歴[編集]

高校時代に音楽を通じて写真の魅力に目覚めたという。1972年野外コンサートで父親のカメラを借り写真を撮った後、ステージ写真からポートレート写真に進んだ。

1979年からはロンドンに住居を構え、最も影響力のあるポートレート写真家の1人として、広く世界から認められている[要出典]

これまでにコービンの被写体となったのは、前述のU2らを除き、マイルス・デイヴィスフランク・シナトラクリント・イーストウッドキャメロン・ディアスウィリアム・S・バロウズトム・ウェイツアレン・ギンズバーグイザベラ・ロッセリーニナオミ・キャンベルなどである。

また、1983年に写真家として初めてスチール写真とビデオを組み合わせた作品を作って以来、U2、デペッシュ・モードジョニー・キャッシュマーキュリー・レヴニルヴァーナメタリカニック・ケイヴザ・キラーズなど、約80本に及ぶミュージック・ビデオの監督も行った。デペッシュ・モードに関してはアルバムのジャケットデザインやコンサートの演出を長年にわたり手がけている。

近年では、夭折したジョイ・ディヴィジョンのボーカルイアン・カーティスの生涯を描いたドラマ『コントロール』で映画監督デビューを果たす。監督第1作目ながら第60回カンヌ国際映画祭カメラ・ドール(特別表彰)や英国インディペンデント映画賞など、名だたる映画賞にて高い評価を集めている。

監督作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ "Q & A: Anton Corbijn" CNN.com, 3 October 2006 (Retrieved: 9 July 2009)

外部リンク[編集]