アントン・ギュンター・フォン・オルデンブルク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アントン・ギュンター・ヘルツォーク(公爵)・フォン・オルデンブルクAnton Günther Herzog von Oldenburg, 1923年1月16日 レンスアーン - 2014年9月20日 ハルムスドルフドイツ語版)は、ドイツの旧諸侯オルデンブルク大公家の家長。全名はアントン・ギュンター・フリードリヒ・アウグスト・ヨシアス(Anton Günther Friedrich August Josias)。

最後のオルデンブルク大公フリードリヒ・アウグスト(2世)の長男で大公世子のニコラウスと、ヴァルデック=ピルモント侯フリードリヒの娘であるヘレーネ(1899年 - 1948年)の間の第1子、長男として生まれた。1951年にレーヴェンシュタイン=ヴェルトハイム=フロイデンベルク侯家家長ウードの娘アメリー(1923年 - )と結婚した。

1970年に父の死に伴って家督を継いだ。1992年、シュレースヴィヒ=ホルシュタイン州首相ビョルン・エングホルムとともに、オイティーン城(同州オストホルシュタイン郡ドイツ語版オイティーン)を保護・経営する「オイティーン城財団」を創設した。1991年、ドイツ赤十字社(DRK)のニーダーザクセン州オルデンブルク郡支部の顧問を務め、2007年にドイツ赤十字社から表彰されている。

オストホルシュタイン郡ハルムスドルフに所有していたギュルデンシュタイン荘園ドイツ語版で地主としての生涯を送り、2014年に91歳で死去[1]。遺骸はオルデンブルク市内ゲルトルート墓地ドイツ語版にある大公家霊廟に葬られた[2]

子女[編集]

妻アメリーとの間に1男1女の2人の子女をもうけた。

  • ヘレーネ・エリーザベト・バティルディス・マルガレーテ(1953年 - )
  • クリスティアン・ニコラウス・ウード・ペーター(1955年 - )

引用[編集]

  1. ^ Oldenburg trauert um Herzog . In: Nordwest-Zeitung vom 23. September 2014 (abgerufen am 23. September 2014).
  2. ^ Große Anteilnahme am Tod von Anton Günther Herzog von Oldenburg

外部リンク[編集]

先代:
ニコラウス
オルデンブルク大公家家長
1970年 - 2014年
次代:
クリスティアン