アントワーヌ・ヴィールツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アントワーヌ・ヴィールツ
Antoine Wiertz
『自画像』
生誕 1806年2月22日
ベルギーの旗 ベルギー ディナン
死没 1865年6月18日(満59歳没)
ベルギーの旗 ベルギー ブリュッセル
国籍 ベルギーの旗 ベルギー
著名な実績 画家
代表作 麗しのロジーヌ、小説を読む女
運動・動向 象徴主義

アントワーヌ・ヴィールツ(Antoine Wiertz, 1806年2月22日 - 1865年6月18日)は、19世紀ベルギー画家彫刻家。ベルギー象徴派の先駆的な人物。アントワーヌ・ウィールツとも。

神話などに題材を取ったルーベンス風の大画面の作品を制作する一方、死や狂気を描いた超現実的・幻想的な作品を遺した。代表作に「麗しのロジーヌ」(La Belle Rosine) など。

ブリュッセルにベルギー政府から建ててもらった旧アトリエを利用した国立ヴィールツ美術館がある。

代表作[編集]

外部リンク[編集]