アントワーヌ・ド・リュクサンブール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アントワーヌ・ド・リュクサンブールAntoine de Luxembourg, ? - 1519年)は、フランスの貴族。ルシー伯、ブリエンヌ伯、リニー伯。サン=ポル伯ルイとその最初の妻のマルル女伯・ソワソン女伯ジャンヌの間の四男として生まれた[1]。1482年、兄ピエール2世の死に伴い、ブリエンヌ伯領を相続した。1495年には所領のルシー英語版が伯爵領に昇格した。1510年にルシヨン伯シャルル・ド・ブルボン(ブルボン公シャルル1世の庶出の孫)が死ぬと、1475年の父の処刑と同時に没収されていた、ルクセンブルク=リニー家の先祖伝来の領地リニー伯領を取り戻した。

最初の妻シャルニー女伯アントワネット・ド・ボーフルモンとの間には娘を1人もうけた。

2番目の妻でシメイ伯フィリップの娘フランソワーズ・ド・クロイとの間には息子を1人もうけた。

  • シャルル(1488年 - 1530年) - リニー伯、ブリエンヌ伯、ルシー伯

この他、庶子にリュケモン英語版の領主アントワーヌ(1538年没)がおり、その家系は1670年まで続いた。

脚注[編集]

  1. ^ Darryl Lundy (2004年4月13日). “Antoine, Cte de Roussy, de Brienne et de Ligny(A4)”. thePeerage.com. 2013年1月19日閲覧。


先代:
ピエール2世
ブリエンヌ伯
1482年 - 1519年
次代:
シャルル
先代:
新設
ルシー伯
1495年 - 1519年
次代:
シャルル
先代:
シャルル・ド・ブルボン=ルシヨン
リニー伯
1510年 - 1519年
次代:
シャルル