アントワネット IV

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Antoinette IV

アントワネット IVフランス語:Antoinette IV)は、フランスの初期の航空機である。レオン・ルババッスール (Léon Levavasseur) によって設計された。ドーバー海峡横断飛行の挑戦で有名になったアントワネット単葉機のシリーズの最初の機体である。

概要[編集]

極めて狭い三角形断面の胴体と十字型の尾翼を付けた単葉機である。自製のV8エンジンでパドル型のプロペラの牽引式に配置した。操縦は最初翼端に付けた大きな補助翼で行う設計であったが、後に翼たわみ方式にかえられた。1909年2月19日にMourmelonで5 kmの飛行に成功し、同じ年の7月19日ユーベル・ラタムの操縦で、ドーバー海峡の横断飛行に挑戦したが、サンガットを出発して11 kmを飛んだ後、エンジン不調で不時着水した。ドーバー海峡横断の成功は7月25日ブレリオ XIに乗ったルイ・ブレリオに譲った。8月26日に2時間17分をかけて154.6 kmを飛んで、当時の距離飛行の世界記録を樹立した。

要目[編集]

  • 乗員:1名
  • 翼面積:30 m2
  • エンジン:アントワネット V-8、50 馬力