アントワネット・ギディア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アントワネット・ギディア(Antoinette Guedia 1995年10月21日- )はカメルーン競泳選手。

経歴[編集]

2003年に8歳で水泳を始めた。2006年には100m平泳ぎで国内チャンピオンになった。2008年の北京オリンピックに大会最年少の12歳で出場し、女子50m自由形で自己記録を2秒以上縮める33秒59でゴールした[1]。練習はカメルーン国内の22mのプールで行っており、競技後、「このような大きな施設で泳いだことはなかった」と語った[2]

人物[編集]

あこがれの選手はフランスコラリー・バルミーマリア・メテラロール・マナドゥジンバブエカースティ・コベントリーであるという[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Swimming at the 2008 Beijing Summer Games:Women's 50 metres Freestyle Round One”. sports-reference.com. 2012年6月4日閲覧。
  2. ^ カメルーン最年少12歳 プールに驚いた!”. スポーツニッポン (2008年8月15日). 2012年6月4日閲覧。
  3. ^ Youngest Olympian makes wide-eyed debut”. Agence France-Presse (2008年8月15日). 2012年6月4日閲覧。

外部リンク[編集]