アントニーン・ノヴォトニー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アントニーン・ノヴォトニー
Antonín Novotný
Antonin Novotny v New Yorku - 1960 A.jpg
1960年撮影

チェコスロバキアの旗 チェコスロバキア
第7代大統領
任期 1957年11月19日1968年3月22日

任期 1953年3月14日1968年1月5日

出生 1904年12月10日
Flag of Austria-Hungary (1869-1918).svg オーストリア=ハンガリー帝国 ボヘミア、プラハ近郊レトナニー英語版
死去 1975年1月28日(満70歳没)
チェコスロバキアの旗 チェコスロバキア プラハ
政党 チェコスロバキア共産党
配偶者 ボゼーナ・ノブートナ

アントニーン・ノヴォトニーAntonín Novotný, 1904年12月10日-1975年1月28日)は、チェコスロバキア共産党第一書記(1953年1968年)、チェコスロバキア大統領1957年~1968年)。

来歴・人物[編集]

1921年、チェコスロバキア共産党に入党。第二次大戦中の1941年から1943年まで強制収容所で過ごす。戦後、プラハを拠点に活動し、頭角を現し、1951年に中央委員会幹部会員になる。1953年、クレメント・ゴットワルトの死後、党第一書記に就任。1957年には大統領職も兼ね、1956年スターリン批判に起因する体制の動揺を最小限に食い止め、社会主義体制の建設を推進。

しかし、1960年代に入り、経済成長が鈍化し、5カ年計画の見直しを迫られる。またスロバキア蔑視の態度から、スロバキア共産党指導部と対立するようになる。共産党体制への批判や改革要求は、次第に党第一書記と大統領を兼任しているノヴォトニー個人に集中していき、最終的に、1968年1月の中央委員会総会で、第一書記の職をスロバキア出身のアレクサンデル・ドゥプチェクに明け渡した。3月には大統領を辞任。8月の軍事介入後も政界に復帰することはなかった。

「正常化」後の1971年に名誉回復を果たした。1975年1月28日死去(70歳)。

脚注[編集]

[ヘルプ]
先代:
アントニーン・ザーポトツキー
チェコスロバキア大統領
1957年 - 1968年
次代:
ルドヴィーク・スヴォボダ
先代:
クレメント・ゴットワルト
チェコスロバキア共産党第一書記
1953年 - 1968年
次代:
アレクサンデル・ドゥプチェク