アントニオ・ロペス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アントニオ・ロペス Football pictogram.svg
Antonio López.jpg
名前
本名 アントニオ・ロペス・ゲレーロ
ラテン文字 Antonio López Guerrero
基本情報
国籍 スペインの旗 スペイン
生年月日 1981年9月13日(32歳)
出身地 バレンシア州ベニドルム
身長 173cm
体重 65kg
選手情報
在籍チーム スペインの旗 RCDマヨルカ
ポジション DF(LB)
利き足 左足
代表歴2
2005– スペインの旗 スペイン 16 (1)
2. 2008.10.26現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

アントニオ・ロペス・ゲレーロAntonio López Guerrero, 1981年9月13日 - )は、スペイン出身の同国代表サッカー選手リーガ・エスパニョーラRCDマヨルカに所属する左サイドバック

経歴[編集]

クラブ[編集]

アトレティコ・マドリードのユースチーム出身。チームが2部リーグにあった2001-02シーズンからトップチームに合流し、1部リーグへの復帰に貢献した。

その後CAオサスナにレンタル移籍し、2002-03、2003-04の2シーズンを過ごし、リーグ戦欠場わずか5試合の活躍をみせた。Navarreの登録名でプレイし、2002-03シーズンには2ゴールを決めた。

アトレティコに復帰後は登録名をLópezに戻し、急速にチーム内での地位を確立していく。しかしながら2007-08シーズンにはマリアーノ・ペルニアにポジションを奪われ、ゲオルギオス・セイタリディスフアン・バレーラの負傷に伴い右サイドバックを務めた。

代表[編集]

2005年3月20日、2006 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選セルビア・モンテネグロ戦でホセ・アントニオ・レジェスとの途中交代で代表デビュー。2005年にはサンマリノ戦で初得点。アシエル・デル・オルノのバックアップ要員と目されていたが、デル・オルノの負傷の際にはペルニアが代役を務めたため、2006 FIFAワールドカップの出場はサウジアラビア戦のみだった。

エピソード[編集]

  • 2006年、アトレティコ・マドリー財団によりニカラグアに建設された児童教育発展センターの記念式典に、ロペスが親善大使として出席した。式典の後には現地の子どもたちと試合をするなどの交流をした。

所属クラブ[編集]

スペインの旗 CAオサスナ 2002-2004 (loan)

タイトル[編集]

クラブ

外部リンク[編集]