アントニオ・ブラガ・ネト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アントニオ・ブラガ・ネト
基本情報
本名 アントニオ・ブラガ・ネト
(Antonio Braga Neto)
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 1987年10月29日(26歳)
出身地 アマゾナス州マナウス
所属 グレイシー・フュージョン
身長 192cm
体重 93kg
階級 ライトヘビー級
ミドル級
スタイル ブラジリアン柔術
テンプレートを表示

アントニオ・ブラガ・ネトAntonio Braga Neto、男性、1987年10月29日 - )は、ブラジル総合格闘家柔術家アマゾナス州マナウス出身。グレイシー・フュージョン所属。ブラジリアン柔術黒帯。

右腕にびっしりと刺青を入れている。

来歴[編集]

2007年2月、アブダビコンバットブラジル予選99kg未満級に出場。決勝でクリスチアーノ・ラザリニギロチンチョークで敗れ、準優勝。

2007年12月6日、Fury Fighting Championship 5でファビアーノ・アストリーノと対戦し、1Rにチキンウィングアームロックで一本勝ち。セコンドには同門のハイアン・グレイシーが付いた[1](ハイアンは12月15日に死去)。

2008年3月5日、戦極旗揚げ戦「戦極 〜第一陣〜」で川村亮と対戦し、判定負け。

2008年6月、ムンジアルに出場。決勝でハファエル・ロバト・ジュニアを破り黒帯スペルペサード級(-97kg)で優勝。

2009年4月、パンアメリカン柔術選手権(パンナム)に出場し黒帯スペルペサード級優勝、アブソルート級でも準決勝でホムロ・バハウ、決勝ではオタービオ・ソウザを破り優勝を果たした。

2009年11月8日、ワールド・ノーギ・チャンピオンシップ2009のアダルト黒帯スペルペサード級に出場し、優勝を果たした。アダルト黒帯アブソルート級では準優勝となった[2]

戦績[編集]

総合格闘技 戦績
7 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
5 1 3 1 0 0 1
1 0 0 1 0
勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
ロドニー・ファベイラス 1R 0:24 無効試合(リングからの落下) Art of War 14: Ground Zero 2009年9月26日
× 川村亮 5分3R終了 判定0-3 戦極 〜第一陣〜 2008年3月5日
ファビアーノ・アストリーノ 1R 2:25 チキンウィングアームロック Fury Fighting Championship 5: Final Combat 2007年12月6日
カショッホ・ロウソ 1R 4:55 TKO Detonaco Fight Championship 2007年11月20日
セザール・ジェズ・フェレイラ 判定 Xtreme Fighting Championships: Brazil 2007年4月29日
エドゥアルド・カミーロ 1R 1:46 腕ひしぎ十字固め Xtreme Fighting Championships: Brazil 2007年4月29日
ロリート 1R アームロック Top Fighter MMA 2 2006年10月25日

獲得タイトル[編集]

  • ブラジリアン柔術ブラジル選手権(ブラジレイロ) 茶帯スペルペサード級(-97kg) 優勝(2006年)
  • ブラジリアン柔術世界選手権(ムンジアル) 茶帯スペルペサード級 優勝(2006年)
  • ブラジリアン柔術世界選手権(ムンジアル) 茶帯アブソルート級(無差別級) 優勝(2006年)
  • ブラジリアン柔術ワールドカップ(コパドムンド) 茶帯アブソルート級 優勝(2006年)
  • ブラジリアン柔術世界選手権(ムンジアル)黒帯スペルペサード級 優勝(2008年)
  • 世界ノーギ柔術選手権黒帯スペルペサード級 優勝・アブソルート級 優勝(2008年)
  • パンアメリカン柔術選手権(パンナム)黒帯スペルペサード級 優勝(2009年)
  • パンアメリカン柔術選手権(パンナム)黒帯アブソルート級 優勝(2009年)

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]