アントニオ・デ・ウジョーア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アントニオ・デ・ウジョーア
ミッター・デル・ムンドにあるアントニオ・デ・ウジョーアの胸像

アントニオ・デ・ウジョーアAntonio de Ulloa1716年1月2日 - 1795年7月3日)はスペインの軍人、探検家天文学者、最初のルイジアナの行政長官である。1735年ペルーに渡り、1744年までそこにとどまり、1748年『南米諸王国紀行』を出版した。プラチナ鉱石についての記述があるのでプラチナの発見者とされる。

プロフィール[編集]

セビリアに生まれた。1733年海軍に入隊。1735年、ホルヘ・フアン(Jorge Juan y Santacilia)とともにフランス科学アカデミーによる子午線弧長の測量隊の一員としてペルーに渡った。1736年から1744年まで南米に留まった。その間コロンビアのピント川の近くで、プラチナが発見されたことを帰国後フワンとの共著として出版した「南米諸王国紀行」[1]に記録した。

ペルーウアンカベリカHuancavelica)の施政官として1758年南米に赴任し、1764年までその地位にあった。

1762年にスペイン領になったルイジアナの初代行政長官として、1766年3月5日ニューオーリンズに赴任したが、フランス系住民はスペインの支配を認めず、反乱をおこし、ウジョーアはルイジアナから逃げねばならなかった。その後は海軍の軍人を勤めた。スペイン南部のカディスのレオン島で死んだ。

脚注[編集]