アントニオ・コロム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アントニオ・コロム

アントニオ・コロム・マス(Antonio Colom Mas、1978年5月11日 - )は、スペイン、ブニョラ出身の自転車競技ロードレース)選手。

経歴[編集]

1999年にプロ転向。これまで、2002年のアンダルシア一周、2004年2009年のマジョルカ一周、2006年のコムニダ・バレンシアーナ一周の各総合優勝を果たしているが、2009年チーム・カチューシャへ移籍した後、ここまで目覚しい戦績を収めている。

上述の通り、マジョルカ一周を制した後、パリ〜ニースでは総合5位(区間1勝)。バスク一周では最終第6ステージの個人タイムトライアルで、アルベルト・コンタドールに次いで2位に入り、総合でもコンタドールに30秒差の2位に食い込んだ。

同年6月9日国際自転車競技連合 (UCI) はコロムに対し、エリスロポエチン (EPO) 陽性反応が認められたと公表した[1]

2010年5月28日、スペイン自転車競技連盟より、2年間の出場停止及び46958ユーロの罰金が下された[2]

脚注[編集]

  1. ^ サイクリングニュース2009年6月10日付記事
  2. ^ Colom suspended for two years - cyclingnews.com 5月28日付記事(英語)

外部リンク[編集]