アントニオ・アベラル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アントニオ・アベラル
基本情報
本名 Jose Antonio Rodriguez Avelar
階級 フライ級
国籍 メキシコの旗 メキシコ
誕生日 1958年8月28日(56歳)
出身地 メキシコの旗 メキシコ
ハリスコ州グアダラハラ
プロボクシング戦績
総試合数 53
勝ち 39
KO勝ち 32
敗け 13
引き分け 1
テンプレートを表示

アントニオ・アベラルAntonio Avelar、男性、1958年8月28日 - )は、メキシコプロボクサーハリスコ州グアダラハラ出身。身長163cm。元WBC世界フライ級王者。

来歴[編集]

1975年4月7日、メキシコでプロデビュー。

1977年2月4日、フレディー・カスティーリョと対戦し、10回判定負け。

1977年5月21日、ガブリエル・ベルナルと対戦し、10回判定負け。

1978年10月21日、フレディー・カスティーリョと再戦し、10回KO負け。

1979年2月10日、27戦目で世界王座初挑戦。WBC世界フライ級王者ミゲル・カントに挑戦し、15回判定負けで王座獲得ならず。

1980年2月16日、元WBA世界フライ級王者アルフォンソ・ロペスと対戦し、5回KO勝ち。

1980年8月16日、NABF北米フライ級王座を獲得した。

1981年5月12日、茨城県水戸市水戸市民体育館にてWBC世界フライ級王者大熊正二に挑戦し、7回KO勝ちで36戦目にして世界王座を獲得した。同王座は金泰式相手に防衛に成功した。

1982年3月20日、2度目の防衛戦でプルデンシオ・カルドナと対戦し、1回KO負けで王座から陥落した。

1985年9月26日、フレディー・カスティーリョと3度目の対戦を行い、4回TKO勝ち。カスティーリョに対して初勝利となった。

1986年5月30日、のちの3階級制覇王者ウィルフレド・バスケスと対戦し、8回KO勝ち。

1987年7月25日、WBC世界バンタム級王者ミゲール・ロラに挑戦し、4回TKO負けで2階級制覇ならず。この試合を最後に引退した。

獲得タイトル[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
大熊正二
第17代WBC世界フライ級王者

1981年5月12日 - 1982年3月20日

次王者
プルデンシオ・カルドナ