アントウェルペン王立芸術学院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アントウェルペン王立芸術学院(-おうりつげいじゅつがくいん、オランダ語: Koninklijke Academie voor Schone Kunsten van Antwerpen)は、ベルギーアントウェルペンにある美術学校。1663年にDavid Teniersによって創立され、ローマ(1588年)、パリ(1648年)に次いで美術アカデミーの中でも最も古く伝統のある学校の一つ。

保存修復科と視覚芸術科が開設されている。視覚芸術科には写真、グラフィックデザイン、ジュエリーデザイン/金工、ファッション、コスチュームデザイン、ファインアートがある。さらにファインアートの中は彫刻、絵画、In Situ (現代表現)、版画のコースに分かれている。

世界有数のデザイナーや芸術家を輩出しているベルギー屈指の名門校。

ファッション学科[編集]

いわゆる「ファッション学科専攻」の分野では、世界的な有名な御三家の1つ。他の二つはロンドンのセントラル・セント・マーチンズ・カレッジ・オブ・アート・アンド・デザインとニューヨークのパーソンズ・スクール・オブ・デザイン

毎年6月の中旬にファッションショーが行われ、各国からファッション関係者やジャーナリストたちが訪れる。

メリー・プライオット (Mary Prijot) がファッション科を創設。1982年よりメリー・プライオットの初期の教え子であったリンダ・ロッパが学科長となる。

ここから輩出された人物たちやベルギーを拠点にするデザイナーなどがアントワープ派と呼ばれることがある。

主な卒業生[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]