アンデス地獄の彷徨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アンデス地獄の彷徨 航空機墜落・極限の乗客たち
SUPERVIVIENTES DE LOS ANDES
(アメリカ公開時: SURVIVE!)
監督 ルネ・カルドナ
脚本 ルネ・カルドナJr
製作 ルネ・カルドナJr
ルネ・カルドナ
製作総指揮 ロバート・スティグウッド
アラン・カー
音楽 ジェラルド・フリード
ラウル・ラヴィスタ
公開 1976年
上映時間 82分
製作国 メキシコの旗 メキシコ
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

アンデス地獄の彷徨』(アンデスじごくのほうこう)は、1976年に公開されたメキシコアメリカ合作映画作品。

概要[編集]

1972年アンデス山脈中のウルグアイチリアルゼンチンの国境付近で墜落し、生存者たちが仲間の死体を食べて生還した実際の遭難事故であるウルグアイ空軍機571便遭難事故を題材にしたドキュメンタリー映画作品で、原題は「SUPERVIVIENTES DE LOS ANDES」。アメリカ公開時には「SURVIVE!」のタイトルで公開され、日本では劇場未公開、ビデオ版のみアメリカ公開版が公開された。邦題は「アンデス地獄の彷徨 航空機墜落・極限の乗客たち」。

同じ題材を扱った映画作品として、『アンデスの聖餐』(1975年)、『Alive: 20 Years Later』(1993年)、『生きてこそ』(1993年)、『アライブ 生還者』(2007年)がある。

allcinema ONLINEでは、作品の内容を

  • しょぼいプロダクション、ぞんざいな脚色、大雑把な演出と、いいところまるでなしという映画
  • 話題性のみに頼った早撮り作品という印象は否めない
  • サバイバルの過酷さがさっぱり伝わってこないのは問題外

と、3行に渡って酷評しているアンデス地獄の彷徨 - allcinema

あらすじ[編集]

スタッフ[編集]

  • 監督: ルネ・カルドナ
  • 製作: ルネ・カルドナ・Jr、ルネ・カルドナ
  • 製作総指揮: ロバート・スティグウッド、アラン・カー
  • 原作: クレイ・ブレア・Jr
  • 脚本: ルネ・カルドナ・Jr
  • 音楽: ジェラルド・フリード、ラウル・ラヴィスタ

キャスト[編集]

出演者 - 役名
  • ウーゴ・スティグリッツ - フランシスコ
  • ノーマ・ラサレノ - シルビア
  • ルス・マリア・アギラル - マデロ夫人
  • フェルナンド・ララニャーガ - マデロ
  • ロレンソ・デ・ロダス
  • パブロ・フェレル ラウル
  • ホセ・エリアス・モレノ - ロドリゴ・フェルナンデス
  • フェルナンド・パラヴィシーニ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]