アンディ・ラローシュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アンディ・ラローシュ
Andy LaRoche
フリーエージェント(FA)
IMG 7010 Andy LaRoche.jpg
パイレーツ時代(2010年)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 カンザス州フォートスコット
生年月日 1983年9月13日(31歳)
身長
体重
6' 0" =約182.9 cm
205 lb =約93 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 三塁手, 二塁手, 一塁手
プロ入り 2003年 ドラフト39巡目でロサンゼルス・ドジャースから指名
初出場 2007年5月6日 アトランタ・ブレーブス
年俸 $600,000(2011年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

アンドリュー・クリスチャン・ラローシュAndrew Christian LaRoche, 1983年9月13日 - )は、アメリカ合衆国カンザス州フォートスコット出身のプロ野球選手内野手)。右投右打。

父親は1970年代カリフォルニア・エンゼルスクローザーを務めていたデーブ・ラローシュ。兄のアダム・ラローシュも野球選手で、同時期に共にピッツバーグ・パイレーツに所属していたこともある。

経歴[編集]

ドジャース時代[編集]

2003年のMLBドラフトロサンゼルス・ドジャースから39巡目で指名され入団。

2005年にはオールスター・フューチャーズゲームの米国選抜に選出され[2]、シーズン終了後にはドジャース傘下の最優秀マイナー選手に選出[3]。12月に発表されたベースボール・アメリカ誌の有望株ランキングではドジャース傘下でチャド・ビリングズリーに次ぐ評価を受けた[4]

2006年はAAA級ラスベガスで73試合に出場し打率.309、18本塁打、OPS.987を記録。

2007年2月に発表されたベースボール・アメリカ誌の有望株ランキングではドジャース傘下で最高の評価を受けた[5]スプリングトレーニングで打率.175の成績でメジャーでプレイする機会を逃し[6]、開幕はAAA級ラスベガスで迎えたが、5月6日マーロン・アンダーソン故障者リスト入りに伴いメジャー昇格[6]

パイレーツ時代[編集]

2008年7月31日マニー・ラミレスジェイソン・ベイが動いたボストン・レッドソックス、ロサンゼルス・ドジャース、ピッツバーグ・パイレーツの三角トレードで、兄のアダム・ラローシュが所属するパイレーツへ移籍。アダムは故障者リスト入りしていたため兄弟そろっての初出場は8月14日となったが、アダムとアンディはプロ入り以前から同一チームでプレイしたことがなかったため、生まれて初めて同一チームでプレイすることになった[7]。オフには打撃コーチのドン・ロングと共に打撃改造に取り組んだ[8]

2009年は150試合に出場し、打撃面では打率.258、12本塁打、OPS.731に留まったが、守備ではリーグの三塁手中2位のアシスト数と併殺数、3位のDRS7、5位のUZR5.7を記録した。9月28日のドジャース戦では5打数5安打2本塁打6打点と爆発し、この年のドジャース戦は打率.483、3本塁打、OPS1.447と打ち込んだ。

2010年ペドロ・アルバレスのメジャー昇格に伴い6月後半からスタメン出場が減り、102試合の出場に留まった。9月20日DFAとなる。11月29日にFAとなった。

アスレチックス時代[編集]

2011年1月24日オークランド・アスレチックスとマイナー契約。スプリングトレーニングで29試合の出場で打率.333、4本塁打、OPS.971の成績を残しメジャーに昇格。しかし40試合の出場で打率.247、OPS.654に終わり、6月5日にDFAとなってマイナーに降格した。9月29日にFAとなった。

インディアンス傘下時代[編集]

2011年12月21日クリーブランド・インディアンスとマイナー契約を結んだ[9]

2012年6月26日に解雇された。

レッドソックス時代[編集]

2012年6月28日ボストン・レッドソックスとマイナー契約を結んだ。11月3日にFAとなった。

ブルージェイズ時代[編集]

2013年1月30日トロント・ブルージェイズとマイナー契約を結んだ。6月7日にメジャー昇格するも1試合の出場に留まり、6月13日には降格した。10月1日にFAとなったが、10月30日にマイナー契約で再契約した。

選手としての特徴[編集]

メジャーでシーズン32本塁打を放ったこともある兄のアダムとのホームラン競争で勝ったことがあるという長打力を持ち味とする[10]。特にレフト方向の打球がよく伸びるが[10]、速球を広角に弾き返す打撃を得意とする[11]

守備では内野の全ポジションを守ったことがあるが、主に三塁手として起用される。三塁守備は2008年に2ヶ月で9失策を喫したこともあるが、球際に強く[10]DRSUZR共に通算でほぼ平均的な数値を残しており[12]、平均レベルの守備範囲と強肩を兼ね備える[10]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2007 LAD 35 115 93 16 21 5 0 1 29 10 2 1 0 1 20 5 1 24 1 .226 .365 .312 .677
2008 27 69 59 6 12 1 0 2 19 6 0 0 0 0 10 0 0 7 5 .203 .319 .322 .641
PIT 49 183 164 11 25 4 0 3 38 12 2 0 2 1 14 1 2 30 3 .152 .227 .232 .458
'08計 76 252 223 17 37 5 0 5 57 18 2 0 2 1 24 1 2 37 8 .166 .252 .256 .508
2009 150 590 524 64 135 29 5 12 210 64 3 1 6 2 50 1 8 84 16 .258 .330 .401 .731
2010 102 271 247 26 51 8 0 4 71 16 1 1 2 1 19 0 2 43 7 .206 .268 .287 .555
2011 OAK 40 104 93 10 23 6 1 0 31 5 0 0 1 0 8 1 2 19 6 .247 .320 .333 .654
2013 TOR 1 4 4 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
通算:6年 404 1336 1184 133 267 53 6 22 398 113 8 3 11 5 121 8 15 208 38 .226 .304 .336 .640
  • 2013年度シーズン終了時

脚注[編集]

  1. ^ Andy LaRoche Stats, News, Pictures, Bio, Videos” (英語). ESPN.com. 2012年1月15日閲覧。
  2. ^ Futures Game History” (英語). MLB.com. 2009年8月9日閲覧。
  3. ^ Andy LaRoche Awards” (英語). The Baseball Cube. 2009年8月9日閲覧。
  4. ^ Matthews, Alan (2005年12月9日). “2006 Top 10 Prospects: Los Angeles Dodgers” (英語). Baseball America. 2009年8月9日閲覧。
  5. ^ Matthews, Alan (2007年2月20日). “2007 Top 10 Prospects: Los Angeles Dodgers” (英語). Baseball America. 2009年8月9日閲覧。
  6. ^ a b Gurnick, Ken (2007年5月6日). “Notes: Dodgers promote LaRoche” (英語). MLB.com. 2009年8月9日閲覧。
  7. ^ Langosch, Jenifer (2008年8月14日). “LaRoche brothers set to take field” (英語). MLB.com. 2009年8月9日閲覧。
  8. ^ 月刊スラッガー』2009年4月号、日本スポーツ企画出版社、2009年、雑誌15509-4、61頁
  9. ^ http://nbcsports.msnbc.com/id/45752239
  10. ^ a b c d 友成那智、村上雅則 『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2008』 廣済堂出版、2008年、450頁。ISBN 978-4-331-51300-2
  11. ^ 友成那智、村上雅則 『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2009』 廣済堂出版、2009年、398頁。ISBN 978-4-331-51370-5
  12. ^ Andy LaRoche Advanced FieldingFanGraphs

外部リンク[編集]