アンディ・ベル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アンディ・ベル
Beady Eye Andy Bell 2.jpg
基本情報
出生名 アンドリュー・ピラン・ベル
出生 1970年8月11日(43歳)
出身地 ウェールズの旗 ウェールズカーディフ
ジャンル オルタナティヴ・ロック
ブリットポップ
シューゲイザー
職業 シンガー作曲家
ベーシストギタリスト
担当楽器 ベースギター
活動期間 1988年 -
レーベル クリエイション・レコーズ
Big Brother
共同作業者 ビーディ・アイ
オアシス
ライド
ハリケーン #1
公式サイト Oasis Official website

{{{Influences}}}

アンディ・ベルAndrew Piran Bell, 1970年8月11日 - )はイギリスウェールズ出身のミュージシャン。ロックバンド、元オアシスベーシスト。現在はリアムによる新バンド、ビーディ・アイギタリストに転身し活動している。

来歴[編集]

元はライドのギタリストで、ボーカルも適所で担当していた。ライドは短命ながらも4枚のアルバムを残し、シューゲイザームーブメントの中で人気を集めた。しかしライドの人気上昇とは反対に、アンディとボーカルであったマーク・ガードナーとの不仲(後に共にインタビューに答えているなどの事実から、現在対立は無くなっている模様。)や、音楽的価値観の相違などもあり、バンドの結束力は落ち、ライドは解散。アンディは新しいバンドハリケーン#1を結成する。しかし、ハリケーン#1は2枚のアルバムを残して解散。解散後はゲイ・ダッドのツアーに帯同し、加入寸前というところで、突如オアシスにベース担当で加入することが決まった。

人物[編集]

ソングライティング[編集]

ライドでは作曲面においても中心的人物であった。

オアシス加入後も作曲面でバンドを支える存在となっており、5thアルバムで"A Quick Peep"、6thアルバムで"Turn Up The Sun"と"Keep The Dream Alive"、7thアルバムで"The Nature Of Reality"、シングル"Stop Crying Your Heart Out"のB面曲で"Thank You for the Good Times"をそれぞれ作曲している。Turn Up The Sunは6thアルバムに伴う世界ツアーでのライブオープニング曲として演奏されていた。

その他[編集]

  • 息子と娘がいる。元妻はスウェーデン人のシンガーソングライターであったが、2008年に離婚。後に別の女性と婚約している。[1]
  • ギタリストだったこともあり、オアシス加入前はほとんどベースをやったことがなく、早急にベースを練習したという。
  • iPodを3台所有している。ノエル・ギャラガーはコンピュータ音痴のため、気に入った曲を代わりに調べているという。[2]

出典[編集]

  1. ^ シンコーミュージック・エンタテイメント発行、「クロスビート」2009年6月号32頁。
  2. ^ 同書、33頁。