アンチノック性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アンチノック性(アンチノックせい)とは、エンジン燃焼室での異常燃焼(ノッキング)、自己着火性の起こし難さ(耐ノック性・耐爆性)。

ガソリンオクタン価でアンチノック性を表し、数値が高いほどアンチノック性も高い。オクタン価の表示には RONリサーリオクタン価)と MONモーターオクタン価)があり、日本では RON が用いられる。

アンチノック剤として、オクタン価を高めるためにガソリンに加える添加剤としては、テトラエチル鉛などのテトラアルキル鉛が代表的であるが、鉛公害の原因となるため、現在はベンゼントルエンなどの芳香族炭化水素を使う。アンチノック性の高いハイオクガソリン基材の代表として、アルキレート・リフォーメート等がある。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]