アンダンテ・ファヴォリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アンダンテ・ファヴォリ(Andante Favori、WoO 57)はルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンのピアノ独奏曲。もともとワルトシュタイン・ソナタの中間楽章として書かれたが、冗長になるのを恐れて独立した楽曲にした。1803年から1804年にかけて作曲され、1805年に出版された。

「お気に入りのアンダンテ」という題名からも、作曲者が気に入っていた作品であることが窺われる。

穏やかで優雅なロンドで、演奏はやや難しい。

Andante grazioso con moto

8分の3拍子。ヘ長調弱起ではじまるC-D-C-B,A-B-A-Gの主題。左手は低音でアルペジョを受け持つので右手の旋律を損なわない配慮が必要。

ロンド主題の中で変ロ長調に転調するが、右手のオクターヴ奏法など一定の技術が求められる。

外部リンク[編集]