アンダルシア協奏曲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アンダルシア協奏曲(アンダルシアきょうそうきょく、Concierto Andaluz)は、ホアキン・ロドリーゴが作曲した4つのギターと管弦楽のための作品である。

概要[編集]

アランフエス協奏曲』の成功に気を良くしたロドリーゴは、ギター以外の協奏曲や協奏的作品を作曲した。1942年ピアノ協奏曲1943年ヴァイオリン協奏曲1949年チェロ協奏曲1952年ハープのための協奏曲という具合で作曲し、ギターのための協奏曲は1曲も作曲していない。その後、再び彼は立ち戻って1954年に名作『ある貴紳のための幻想曲』を書き上げているが、しばらくはギターを独奏とした協奏曲から遠ざかっている。

1967年スペイン出身の著名なギター・ファミリーのロメロ一家から委嘱されて、4つのギターを独奏楽器とする協奏曲『アンダルシア協奏曲』を作曲した。

特徴[編集]

バロック時代合奏協奏曲におけるコンチェルティーノのように扱い、管弦楽と競い合うと同時に、ギター同士で親密な対話を交わすという形で書かれている。

構成[編集]

3楽章構成で、演奏時間は約25分である。

  • 第1楽章 テンポ・ディ・ボレロ
  • 第2楽章 アダージョ
  • 第3楽章 アレグレット