アンゼルム・フォイエルバッハ (画家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アンゼルム・フォイエルバッハ
『自画像』
生誕 1829年9月12日
シュパイヤー
死没 1880年1月4日(50歳)
ヴェネツィア

アンゼルム・フォイエルバッハAnselm Feuerbach, 1829年9月12日 - 1880年1月4日)はドイツの画家。

来歴[編集]

フォイエルバッハは、シュパイヤーで著名な考古学者の子として生まれた。祖父は法律学者のアンゼルム・フォイエルバッハ

デュッセルドルフミュンヘンの芸術学校で学んだ後、彼はアントウェルペン、そしてパリへ行った。1852年、最初の傑作酒場のハーフィスを描いた。直後に彼はカールスルーエヴェネツィアローマで働き、ウィーンでは作曲家ヨハネス・ブラームスと親交を深めた。彼は古典の知識にどっぷりとつかり、彼の人物構成は彫像のように優美な気高さと、古代ギリシャ芸術の簡素さを持ち合わせていた。ウィーンで催された、彼の『タイタンの凋落』の絵の披露会であまり反響がなかったことで幻滅し、彼はヴェネツィアへ移住し1880年にそこで没した。ブラームスはその死を悼み、シラーの詩に基づく『哀悼の歌』作品82を作曲している。

彼の作品はドイツの主要な公立美術館で見ることができる。シュトゥットガルトには『イピゲネイア』、カールスルーエには『ラヴェンナのダンテ』、ミュンヘンには『メディア』、ベルリンには最後の絵画『音楽会』がある。

ギャラリー[編集]