アンスロポルニス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アンスロポルニス・グランディス
Anthropornis nordenskjoeldi.jpg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: ペンギン目 Sphenisciformes
: incertae sedis
: アンスロポルニス Anthropornis
学名
Anthropornis Wiman1905
タイプ種
A. nordenskjoeldi
シノニム

Pachypteryx

アンスロポルニスAnthropornis)は、4800~3500万年前の始新世に生息していた絶滅ペンギンである。

2種が同定されている。A. nordenskjoeldiノルデンショルトジャイアントペンギン英語: Nordenskjoeld's Giant Penguin)と呼ぶこともあるが、ジャイアントペンギン属(パキディプテス)ではなく近縁でもない。A. grandis はかつては別属の Pachypteryx grandis とされていた。

1.7メートル程の身長で体重は90キログラム程に達していたとされる。現在の最大のペンギンコウテイペンギンと大きさを比較してみても約1.2メートルと違いは歴然である。A. nordenskjoeldi南極大陸シーモア島ニュージーランドオーストラリアなどで発見されており、南極とオーストラリアで共に発見されている唯一の化石ペンギンである。A. grandis は南極で発見された。

A. nordenskjoeldi は曲った仕組みのをもっており、これは祖先が飛べたということを表している。祖先はカイツブリアビに似ている姿で、進化の過程で飛べなくなり、泳ぎが得意になったとされる。

引用[編集]

The Annotated H. P. Lovecraft, edited by S. T. Joshi