アンジェイ・モストフスキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アンジェイ・モストフスキ
人物情報
生誕 1913年11月1日
Flag of Austria-Hungary (1869-1918).svg オーストリア=ハンガリー帝国 リヴィウ
死没 1975年8月22日(満61歳没)
カナダの旗 カナダ バンクーバー
国籍 ポーランドの旗 ポーランド
出身校 ワルシャワ大学
学問
研究分野 数学
研究機関 コロンビア大学
博士課程
指導教員
カジミェシュ・クラトフスキ
アルフレト・タルスキ
博士課程
指導学生
en:Andrzej Ehrenfeucht
en:Moshé Machover
ヘレナ・ラショーヴァ
ローマン・シコルスキ
Pawel Zbierski
テンプレートを表示
1973年の様子

アンジェイ・モストフスキ(Andrzej Mostowski, 1913年9月1日1975年8月22日)はポーランド数学者モストフスキ崩壊補題で有名。 オーストリア=ハンガリー帝国リヴィウで生まれる。

生涯[編集]

1931年ワルシャワ大学に入学。クラトフスキアドルフ・リンデンバウム英語版タルスキの影響を受ける。1939年博士号取得。公式にはクラトフスキに指導を受けたとされているが、実際には若かったタルスキから指導を受けていた。彼はドイツのポーランド侵攻の後、会計士になった。しかし、隠れてワルシャワ大学で研究を続けていた。1944年のワルシャワ蜂起の後、ナチスは彼を強制収容所に入れようとしたが、ポーランド人看護師の助けを借りて病院に逃れた。食糧を持っていくため、研究成果の詰まったノートを置いていくしかなかった。戦後、その一部は彼が再構成したがほとんどは不明のままである。

彼の研究の大部分は再帰理論と決定不能性についてである。1946年からカナダバンクーバーで死去するまで、彼はワルシャワ大学で研究を続けた。その時の研究の大部分は、前順序の論理とモデル理論である。

子息[編集]

彼の息子のタデウスも数学者になり、微分幾何学の研究している[1]。Krzysztof Kurdykaとアダム・パルシンスキーと共に、ルネ・トムen:gradient conjectureを2000年に解決した。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ [1]

外部リンク[編集]