アンジェイ・チャイコフスキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アンジェイ・チャイコフスキAndrzej Czajkowski, 1935年11月1日 ワルシャワ1982年6月26日 ) は、フランス語風・ロシア語風のアンドレ・チャイコフスキーAndré Tchaikowsky )という芸名で知られるポーランド人ピアニスト作曲家

本名ロベルト・アンジェイ・クラウトハメル(Robert Andrzej Krauthammer)として誕生。4歳で楽才の片鱗を示すが、第2次世界大戦中はユダヤ系であったために、また戦時中に両親を喪ったために、あるポーランド人の家族に匿われていて、10歳になるまで音楽教育を受けることができなかった[1][2]。チャイコフスキという苗字は、ユダヤ人であることを隠して潜伏していた時に偽造した身分証明書の苗字である。1945年ウッジの国立音楽学校でエマ・アルトベルクに師事し、1948年にはパリ留学してラザール・レヴィに指導を託した。

1950年ポーランドに帰国して、ソポト国立音楽院にてオルガ・ダンブロフスカに、その後はワルシャワ音楽院にてスタニスワフ・シュピナルスキに師事。在学中から演奏活動を繰り広げるようになり、バッハの《ゴルトベルク変奏曲》やラフマニノフの《ピアノ協奏曲第2番》の公開演奏を通じて聞かせ上手なところを見せ付けつつ、所与の主題で即興演奏を行なって聴衆を仰天させた。1951年以降はカジミエシュ・シコルスキの作曲法の講座を履修した。

1955年、第5回ショパン国際コンクールにおいて8位入賞という好成績を収めてから、ブリュッセルに留学してステファン・アスケナーゼに師事した[1]。アスケナーゼの薫陶よろしきを得て、1956年ベルギーエリザベート王妃国際音楽コンクールでは、3位に入賞することができた。1957年には、ラヴェルの没後20周年を記念して、パリのリサイタルでラヴェルのピアノ曲の全曲演奏会を実行した。またこの間に、フォンテーヌブローナディア・ブーランジェに指導を仰ぎ、アルトゥール・ルービンシュタインとも顔をつないだ。

バッハの《ゴルトベルク変奏曲》、ハイドンピアノ・ソナタや《変奏曲 ヘ短調》、モーツァルトのピアノ・ソナタと小品集、シューベルトレントラーやドイツ舞曲集、ワルツ、またショパンの15のマズルカフォーレの《ピアノ四重奏曲第1番ハ短調》を主にEMIに録音したが、現在最も有名なのは、フリッツ・ライナーシカゴ交響楽団との共演による《ブランデンブルク協奏曲 第5番》とモーツァルトの《ピアノ協奏曲 第25番》のRCAへの録音であろう。

ヴィルトゥオーゾとして大成したにもかかわらず、最も熱を入れたのは作曲活動であった。ピアノ協奏曲弦楽四重奏曲ピアノ三重奏曲ピアノ曲や、ピアノ伴奏歌曲集《シェイクスピアの7つのソネット》などを創り上げ、『ヴェニスの商人』に基づくオペラの作曲にも取り掛かっていた。

結腸癌[3]により早世し、本人の意志により頭蓋骨が劇場に遺贈された[2]

主要作品一覧[編集]

  • クラリネット・ソナタ 作品1 (1959)
  • ピアノのためのインベンション 作品2 (1961-1962)
  • 弦楽四重奏曲 第1番 イ長調 作品3 (1969-1970)
  • ピアノ協奏曲 第2番 作品4 (1966-1971)
  • 弦楽四重奏曲 第2番 ハ長調 作品5 (1973-1975)

[編集]

  1. ^ a b Weinberger Music Biography of Czajkowski”. JW Music Publishers. 2008年1月10日閲覧。
  2. ^ a b Lappin, Elena (2005年6月26日). “'The Woman From Hamburg': The One Who Survived”. The New York Times. http://www.nytimes.com/2005/06/26/books/review/26LAPPINL.html 2008年1月10日閲覧。 
  3. ^ Brief Biography”. Andre Tchaikowsky Site. 2008年1月10日閲覧。

外部リンク[編集]