アンキー・ヴァン・グルンスヴェン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
獲得メダル
オランダの旗 オランダ
馬術
オリンピック
1992 バルセロナ 馬場馬術団体
1996 アトランタ 馬場馬術団体
1996 アトランタ 馬場馬術個人
2000 シドニー 馬場馬術団体
2000 シドニー 馬場馬術個人
2004 アテネ 馬場馬術個人
2008 北京 馬場馬術個人
2008 北京 馬場馬術団体

アンキー・ヴァン・グルンスヴェン(Anky van Grunsven、1968年1月2日-)はオランダの馬術選手。オリンピックの馬場馬術競技で3度の金メダルと5度の銀メダルを獲得、ヨーロッパ馬場馬術選手権でも2005年2007年と2連覇し、「馬場馬術の女王」と呼ばれる。

経歴[編集]

7歳で馬術を始めた。22歳のときオランダ国内のチャンピオンシップで優勝し、オリンピック代表に選ばれた。その後、1992年バルセロナオリンピックから2008年北京オリンピックまで継続してメダルを獲得し、世界の馬場馬術競技の頂点に君臨している。

馬場馬術、特に自由演技を最も得意としており、オランダでは彼女の影響により馬場馬術の人気が非常に高い。このことは「アンキー効果」と呼ばれている。

2005年にはその調教法についてドイツの雑誌に批判を受けたことがあったが、その後の戦績により批判を封じることに成功した。

2005年に結婚し、2児の母である。

オリンピックでの成績[編集]

外部リンク[編集]