アンカー・ブルーイング・カンパニー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アンカー・ブルーイング・カンパニー
Anchor Brewing Company
種類 Private
本社所在地 アメリカ合衆国
94107(ZIPコード
カリフォルニア州サンフランシスコ, Mariposa Street, 1705
設立 1896年
業種 食料品
事業内容 ビール醸造
外部リンク http://anchorbrewing.com/
テンプレートを表示

アンカー・ブルーイング・カンパニー: Anchor Brewing Company)は、アメリカの酒類製造会社。アメリカを代表するマイクロブルワリー(地ビールメーカー)である[1]

カリフォルニア・ゴールドラッシュの最中の1854年に、ドイツ人の醸造技術者ゴットリーブ・ブレクル (Gottlieb Brekle) が、アメリカ市民権を取得するとともに、ビール醸造所を開業した。1896年に Ernst Baruth と Otto Schinkel Jr. が買収し、「アンカー」の社名を付けた。

1965年、廃業寸前のアンカー・ブルーイング・カンパニーをフリッツ・メイタッグ英語版が買収[2]1975年には黒字経営に転じる[2]

2010年4月、オーナーのフリッツ・メイタッグは、アンカー・ブルーイング・カンパニーの経営権をキース・グレッガー(Keith Greggor)とトニー・フォリオ(Tony Foglio)に譲渡したと発表した[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ 「アンカー・ブルーイング社でアメリカン・ビアの歴史を辿る」、『Beer & Pub』vol.1、プラネットジアース2005年5月25日、 22ページ、 雑誌コード 02234-06-5。
  2. ^ a b 藤原ヒロユキ「フリッツ・メイタッグ special interview」、『Beer & Pub』vol.1、プラネットジアース、2005年5月25日、 24ページ、 雑誌コード 02234-06-5。
  3. ^ Tom Abate (2010年4月27日). “Anchor Brewing Co. sold to Greggor, Foglio”. サンフランシスコ・クロニクル. http://www.sfgate.com/cgi-bin/article.cgi?f=/c/a/2010/04/27/MNOD1D55P1.DTL 2010年5月5日閲覧。 

外部リンク[編集]