アンカー・バイブル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アンカー・バイブル・シリーズ(Anchor Bible Series)は聖書注解書シリーズと、聖書辞典と参考書籍で構成されている。これは、1959年に、聖書注解書シリーズが個々に作られた時に、始まった学術的と商業の協同投機である。ユダヤ教カトリック教会プロテスタントイスラム教、世俗と他の伝統の1000人以上の聖書研究学者達の協力事業の新しい時代の始まりである。

彼らの業績は、広い神学的視野にまたがる視点を反映させた議論を提供する。アンカー・バイブル・プロジェクトは、読者を最新の学問おいて最新に保ち、分析に基づかせる本を出すことを続けている。作品は、聖書的な資料を造りだす進歩的な科学技術と、専門家や学生レベルの人たちが、利用可能な聖書的記録の釈義に関係した、歴史的、言語学的な知識をもたらす。2005年に、120巻以上が出版されている、それらは、編集者長デイヴィッド・ノエル・フリードマンによって編集されて、ダブルディランダム・ハウスの一部)から出版された。2007年にイェール大学出版はアンカー・バイブル・シーリーズを買収した。イェールは目録を出版して、現在の第はアンカー・イェール・バイブル・シリーズである。

アンカー・バイブル聖書注解シリーズ[編集]

アンカー・バイブル聖書注解シリーズは、ウィリアム・オルブライトの指導の下に作られた。ヘブル語聖書と新約聖書、新約聖書と旧新約聖書の中間の本(外典)の翻訳と釈義を含む。個々の聖書的著作は、歴史的な意見、批評学資料説などの古代原語の現代の知識による古代本文のオリジナル翻訳を含む。長い複雑な聖書学の著作は一巻以上の内容を網羅している。

著作は進化していて、2006年にはシリーズは、初期の作品の改訂を含めて、80巻以上を出版した。シリーズの99パーセントが完成した。出エジプト記の後半が2006年12月初頭にリリースされ、ナホム書などの残りの巻が製作中である。箴言10章-31章などの最新刊が製作の最終段階にある、そして、第二歴代誌ヨハネの黙示録が協定の下にある。

アンカー・バイブル辞典[編集]

アンカー・バイブル辞典は、800人の国際的な学者によって6000以上の項目が記載された。それらは、イラストと挿絵を含み、Logos Bible Software英語版マッキントッシュ用のAccordance英語版より、CD-ROMが利用可能である。辞書は、死海文書、初期ユダヤ人クリスチャン関連、歴史的イエス像、社会学と聖書批評学の文字通りの方法を含む。

アンカー・バイブル参考図書[編集]

アンカー・バイブル参考図書は人類学考古学環境学地理学歴史学言語学文学哲学宗教学神学、その他の学問についての情報を持つ、30巻以上の独立した一巻完結シリーズの著作である。

アンカー・バイブル聖書注解の著作[編集]

タナク、旧約聖書、ヘブル語聖書[編集]

新約聖書[編集]

中間時代、外典[編集]