アロンドラ・デ・ラ・パーラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Alondra de la Parra (2014)

アロンドラ・デ・ラ・パーラAlondra de la Parra1980年10月31日 - )は、メキシコ指揮者フィルハーモニック・オーケストラ・オブ・ジ・アメリカスの創設者および芸術監督を務める。メキシコ観光省文化大使

人物[編集]

小説家脚本家の父と社会学者で教育者の母のもと、ニューヨークに生まれる。その後彼女が2歳の時にメキシコに移住

7歳でピアノを、13歳でチェロを習い始め、その頃に指揮者を志すようになった。15歳の時にイギリス寄宿学校に学び、メキシコに戻るとメキシコシティの音楽研究センターにて作曲を学ぶ。更に19歳のときにニューヨークに移り、マンハッタン音楽学校に通う。そこでピアノをJeffrey Cohenに、指揮をKenneth Kieslerに師事する。

ニューヨークでは指揮者の助手を務め、「遊びも趣味も全て犠牲にして勉強をしてきた」と語る程の努力の甲斐もあって、客演で全米各地のオーケストラを指揮するに至った。

経歴[編集]

2004年、23歳の時にニューヨークを本拠に、世界20カ国以上の若手演奏家からなるフィルハーモニック・オーケストラ・オブ・ジ・アメリカス(POA)を創設。POAでは、ニューヨークにて定例コンサートを開いている他メキシコツアーなどを行っている。

2005年、ヴァーモント州のアメリカ音楽祭の音楽監督に就任。

2010年、CDデビュー。POAとの共演でMi Alma Mexicanaをリリース。

2011年9月、初来日。ジャパン・ヴィルトゥオーゾ・シンフォニー・オーケストラを指揮。

2012年9月、二度目の来日を果たす。東京フィルハーモニーを指揮。新鋭バンドネオン奏者三浦一馬と共演。

近年、客演で指揮した主なオーケストラに、ニューワールド交響楽団、ダラス交響楽団、ヒューストン交響楽団、サンフランシスコ交響楽団、フェニックス交響楽団、サンアントニオ交響楽団、ロスアンジェルス室内管弦楽団、エドモントン交響楽団、ロシア国立交響楽団、サンパウロ交響楽団、メキシコ合衆国交響楽団、ワシントンナショナルオペラなどがある。

外部リンク[編集]