アロハ航空243便事故

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アロハ航空243便
出来事の概要
日付 1988年4月28日
概要 金属疲労による天井部破壊
現場 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国領・ハワイマウイ島上空
乗客数 89
乗員数 5
負傷者数
(死者除く)
65
死者数 1
生存者数 93
機種 ボーイング737-200
機体名 AQ243
運用者 Flag of the United States.svgアロハ航空
機体記号 N73711

アロハ航空243便事故(アロハこうくうにひゃくよんじゅうさんびんじこ、Aloha Airlines Flight 243)は、1988年4月28日に発生した航空事故である。ハワイ島ヒロ国際空港からホノルル国際空港へ向かっていた旅客機が、金属疲労によって機体外壁が損壊し大きな穴が空いたにもかかわらず緊急着陸に成功した。

事故の概要[編集]

事故当日のアロハ航空243便[編集]

  • 使用機材:ボーイング737-200
  • フライトプランヒロ国際空港午後1時25分発ホノルル国際空港
  • 乗務員:計5名
    • コックピットクルー
      • 機長:ロバート・ショーンスタイマー(Robert Schornsteimer)
      • 副操縦士:マデリン・“ミミ”・トンプキンズ(Madeline "Mimi" Tompkins)
      • この日は機長昇格訓練のため、操縦は女性副操縦士のトンプキンズが担当し、ショーンスタイマー機長は無線交信と指導を担当
    • 客室乗務員
      • クララベル・“シービー”・ランシング(Clarabelle "C.B." Lansing・チーフパーサー)
      • ジェーン・サトウ=トミタ(Jane Sato-Tomita)
      • ミッシェル・ホンダ(Michelle Honda)
  • 乗客:89名

事故発生[編集]

午後1時48分ごろに、マウイ島付近の太平洋上高度24,000フィート(約7,200 m)を飛行中に機体前方左側の外壁が破れ、そこから客室の与圧された空気が流出したため、爆発的減圧が発生し、ファーストクラスから主翼近くまでの18フィート (5.5 m) の天井外壁が吹き飛ばされた。

事故の瞬間、機体がチャックを開けたように崩壊した。乗客はおおむねシートベルトを締めており、機体から放り出されることはなかったが、機体の破片を受けるとともに、猛烈な風圧にさらされることになった。また、事故発生現場付近のファーストクラスの通路を歩いていた客室乗務員のランシングが、機体の穴から吸い出され、行方不明になった。通路を歩いていたもう一人の客室乗務員サトウ=トミタは、機体構造物に体をはさまれたため、機外に投げ出されることはなかったが重傷であり、乗客が彼女が飛ばされないように手を握っていた。怪我をしなかった唯一の客室乗務員のホンダは、通路を這いながら、乗客がパニックにならないようになだめていた。

パイロットが後ろを振り返った時、機体が大きく歪み折れ曲がっていたために、扉から先は空が見えており、客室を確認できなかった。パイロットらはただちに緊急事態を宣言し、最寄りの空港へ着陸することにした。床下の左エンジンの燃料制御ケーブルが切断されたため、エンジンが停止した。このように機体は甚大な損傷を受けていたが、幸い油圧系統が破壊されなかったことで、操縦系統が僅かに機能しており、パイロットが傷ついた機体に可能な限り負荷をかけないように操縦した。途中ランディングギアを下げたという表示は出なかったが、これは表示パネルの方が故障していたためであり、大事には至らなかった。最寄りのマウイ島カフルイ空港に、通常よりも速い進入速度になったが、緊急着陸に成功した。

この事故で機体の破片や猛烈な風圧を受けた65名が重軽傷を負い、機体も全壊した[1]が、墜落しても不思議ではない機体損傷から生還したことは奇跡だとされた。行方不明になった客室乗務員については、飛行していた海上付近を捜索したが、発見できなかったため死亡したとされている。そのため、日本の航空事故を扱った書籍[2]のなかには、この事故の犠牲者は出なかったという記述があるが、死亡が確認されていないことからきた事実誤認の可能性がある。

事故機は修理不能とされ、現地マウイ島でリサイクル可能な部品を取り外したうえで、解体処分された。機体の部品のうち、ベルトの留め金が、現地の博物館で事故機の写真とともに展示されている。

事故原因[編集]

公式見解[編集]

航空機の外壁は、複数枚の外壁材を接合して組み立てられており、その接合部分は重なり合った外壁材を接着剤で密着させた後に、大量のリベットで接合している。通常は接着剤とリベットの力によって強固に固定されているが、機体が老朽化してくると、接着部分が徐々に腐食され接着力を失い、リベット周囲の金属にストレスがかかるようになる。航空機の機内は飛行ごとに与圧と減圧が繰り返されており、その圧力は1平方メートル当たり最大6トンにも及ぶことがわかっている。老朽した接合部分は機内の圧力の増減による負荷で徐々に金属疲労が拡大し、次第にマルチサイトクラックという微小なクラックが同一線上に複数発生することとなる。

事故は、マルチサイトクラックの発生を見逃し続けたことにより、クラックが徐々に拡大し、あるとき複数のクラックがファスナーを開けるように急激かつ同時に繋がることで、風船が割れるように機体が破壊されたものであった。

事故機となったN73711は、1969年に製造されて以来アロハ航空が運用していたが、事故までの19年間に飛行時間3万3,133時間、飛行回数は8万9,090回という老朽機であった。飛行時間の割に飛行回数が多いのは、ハワイ諸島内の1時間未満のフライトを繰り返したためであり、この事故機は当時世界でも2番目に飛行回数が多いボーイング737であった。また、その時点で最も飛行回数が多かったのは、同じアロハ航空のN73712, 3番目もアロハ航空のN73713であった。

この数字は、飛行時間こそメーカー保証の5万1,000時間には達していなかったものの、飛行回数については、同7万5,000回を大幅に超過していた。また海上を飛行することが多かったことから、潮風の影響で機体の腐食・劣化が進んでいたのが原因とみられている。これは整備に使用していたエポキシ系接着剤の使用が不適切であり、接着不良の箇所から劣化原因物質が入り込んだためである。この劣化をアロハ航空の整備体制は見逃していた。また243便として飛行する直前に、搭乗する際に乗客が前部左舷のドアの上にあった機体のひびに気付いていた[3] が、誰も乗員に告げていなかった。

1989年6月に国家運輸安全委員会(NTSB)がまとめた調査報告書によると、事故の直接の原因は機体の腐食や亀裂を発見できなかったアロハ航空の整備力の弱さにあったと指摘しているが、同時にマルチサイトクラックが引き起こす破壊の深刻な意味を、航空会社・メーカー・監督官庁のいずれも明確に認識していなかったとも言及した。

過去に亀裂や腐食を原因とする事故は複数発生していたものの、機体の老朽化そのものについては言及されることはなかった。その意味では、この事故は機齢が原因と結論付けられた最初の事故であり、古い機体を抱える世界中の航空会社に大きな波紋を及ぼした。

もう一つの見解[編集]

事故機が大破した原因として、ペンシルベニア州での列車ボイラー爆発の時にNTSBから相談を受けたこともあるボイラー検査官マット・オースチンが以下のような見解を挙げている。

事故後の調査で機体側面から人間の頭蓋骨らしき衝突痕および手形のような血液の痕が発見されており、これが吸い出され行方不明となった客室乗務員が激突した跡と見られている[4]事から、「高度24000フィートを飛行中に空いた10インチの穴を近くにいた客席乗務員が塞いだ結果、機体劣化により約8.5ポンド/平方インチを下回る耐久力となっていた同機は機体内外の気圧差に耐え切れず大破に至った」とした。この説での事故原因となった流体ハンマー現象であるが、オースチンの専門分野であるボイラーの爆発事故によく見られる現象である。

なお、この説はアロハ航空243便の事故を調査した元NTSB捜査官ブライアン・リチャードソンも認めた程であったが、脱落したパーツ及び吸い出された客室乗務員と言った物的証拠が深海に沈んでしまった事もあり、現時点では公式な事故原因とはなっていない。

映像作品[編集]

  • 1990年2月11日CBSテレビが『奇跡の243便』(Miracle Landing) というタイトルで再現テレビドラマを放映した。ただし、劇中ではアロハ航空の名前ではなく、パラダイス航空という架空会社の名義となっている(撮影に使われたのはN70723機で、パラダイス塗装になっていた。また便名もそのまま243便としていた)。このテレビ映画は日本でも放送された。このドラマの最後には行方不明になった乗員ランシングにささげるというクレジットがある。
  • ナショナルジオグラフィックチャンネルの航空事故番組『メーデー!:航空機事故の真実と真相』(Air Crash Investigation)の第3シーズン1話「風前の灯」で、事故発生から着陸後までのプロセスを生存者のインタビュー、専門家によるこの事故の原因に対する見解等と共に紹介した。
  • フジテレビ系列の『ザ・ベストハウス123』、日本テレビ系列の『特命リサーチ200X』や『ザ!世界仰天ニュース』でも取り上げられている。映像は『メーデー!:航空機事故の真実と真相』から一部流用されている。
  • NHKスペシャル「マルチサイトクラック〜老朽機は警告する」(1990年4月15日放送)

引用・脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Excerpts from "Aircraft Accident Report- Aloha Airlines, flight 243, Boeing 737-200,- N73711, near Maui, Hawaii- April 28, 1988”. 2005年12月22日閲覧。
  2. ^ 青木謙知『事故調査報告書が語る航空事故の真実』イカロス出版、2005年。
  3. ^ "Hanging by a Thread." Mayday.
  4. ^ 特命リサーチ200X-II2002年11月24日放送分より

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

英語サイト[編集]

日本語サイト[編集]