アロイス・ファン・デ・フィフェレ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アロイス・ジャン・マリア・ジョゼフ・ファン・デ・フィフェレ(Aloys Jean Maria Joseph van de Vyvere、1871年6月8日 - 1961年10月22日)は、ベルギー政治家

ウェスト=フランデレン州のTieltで生まれ、法学哲学を学んだアロイスは、ヘント弁護士となった。1909年から1911年までヘントの市議会議員を務め、1911年にはカトリック党の代議院議員となった。

アロイスは1911年から1926年までいくつもの大臣職を歴任した。1911年から1912年まで、農務大臣と公共事業大臣。1912年から1914年まで、鉄道大臣と郵政大臣。1914年から1918年まで財務大臣1920年から1924年まで経済担当大臣。1925年5月には首相に就任したが、内閣は難局に直面し、1ヶ月ほどで政権は崩壊した。1926年には再び農務大臣に就任した。

アロイスは1926年に政界から引退し、実業界に転じた。

首相在任期間[編集]


公職
先代:
ジョルジュ・テュニス
ベルギーの旗 ベルギー王国首相
第32代:1925
次代:
プロスペ・プレ