アロイス・イラーセク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アロイス・イラーセク

アロイス・イラーセクAlois Jirásek1851年8月23日 - 1930年3月12日)は、チェコの歴史小説家、歴史劇作家。プラハ生まれ。

1909年まで高校の先生をしていたが、退職後に歴史を題材とした散文を書き始め、やがて長編歴史小説を手がけるようになった。19世紀後半のチェコ民族主義の高揚ともあいまって、世間に認められるようになった。今日でも、チェコにおいて影響力のある作家であり、その作品は、中学校や高校で教材として使われている。

主な作品[編集]

小説[編集]

劇作[編集]

外部リンク[編集]