アレパ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ベネズエラチーズを詰めたアレパ(アレパ・アサーダ)
コロンビアのアトランティコ県ルルアコの卵入りアレパ(アレパ・デ・ウエボ)
アレパ・デ・ウエボを切ったところ
バランキヤのアレパ屋台

アレパ西:arepa)とは、すり潰したトウモロコシから作る、コロンビアベネズエラの伝統的な薄焼きパンである。直径や厚み、調理法は地域によって異なる。

柔らかくなるまで茹でた乾燥トウモロコシを挽いて作った生地を薄い円形に伸ばし、両面を焼くか油で揚げて作る。中にチーズ鶏卵などを詰めることもあり、砂糖アニスを加えた甘いアレパもある。水を加えるだけで生地ができるアレパ用のコーンミールも製造されている。アレパは主に朝食間食として食べられる。