アレッポマツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アレッポマツ
Calanques Marseille Cassis 27.JPG
マルセイユ近郊に自生するアレッポマツ
保全状況評価[1]
LOWER RISK - Least Concern
(IUCN Red List Ver.2.3 (1994))
Status iucn2.3 LC.svg
分類
: 植物界 Plantae
: 裸子植物門 Pinophyta
: マツ綱 Pinopsida
: マツ目 Pinales
: マツ科 Pinaceae
: マツ属 Pinus
: アレッポマツ P. halepensis
学名
Pinus halepensis Mill.
和名
アレッポマツ
英名
Aleppo Pine

アレッポマツ英語: Aleppo Pine学名Pinus halepensis)は、地中海地方に自生するマツの1種である。モロッコスペインから北は南フランスイタリアクロアチア、東はギリシア、北リビアに分布する。シリア(語源となったアレッポ地方を含む)、ヨルダンイスラエルでは最も多い樹種の1つである。標高200mまでの低い土地でよく見られるが、南スペインでは標高1000mまで、モロッコ、アルジェリアの南部では標高1700mまで自生している。

アレッポマツの松かさ

小型から中型の木で、高さは15 - 25m、幹の太さは60cmほどになり、1mに達するものもある。樹皮は橙色から赤色を呈し、根元の部分は厚くてひびが入っているが、樹冠に近い部分は薄くてパサパサしている。葉は6 - 12cmの長さの針状であり、黄緑色で2枚ずつついている。松かさは細い円錐状で、高さ5 - 12cm、底面の直径2 - 3cmほどである。初めは緑色で、24ヶ月経ち熟すと赤から茶色になる。その後数年間で徐々にかさが開くが、山火事などがあり熱にさらされるとこの過程が速まる。かさの直径が5 - 8cmまで開くと種子が飛ばされる。種子は5 - 6mmの大きさで、20mmの羽根がついていて遠くまで運ばれることができる。

葉と松かさ

カラブリアマツカナリーマツフランスカイガンショウなどと近縁種で、共通の特徴を多く持つ。カラブリアマツをアレッポマツの亜種と考える学者もいるが、通常は別種とみなされている。比較的変化の少ない種で、広い範囲に渡って形態があまり変化しない。

アルジェリアやモロッコの森林では最も主要な樹種の一つとして広く植えられている。また高温や乾燥に対する耐性が高いため、南カリフォルニアなどの乾燥地域の公園や庭に園芸植物として植えられている。

芸術との関係[編集]

ポール・セザンヌエクス=アン=プロヴァンスにある彼の庭園にアレッポマツを植えており、これがThe Big Treesという絵画のモデルとなった。この松は2005年時点でもセザンヌの庭に植えられている。

脚注[編集]