アレッド・ジョーンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アレッド・ジョーンズ
2006年、サイン会にて}
2006年、サイン会にて
基本情報
出生 1970年12月29日(43歳)
ウェールズの旗 ウェールズグウィネズバンガー
職業 音楽家タレント
担当楽器 (バリトン)
活動期間 1983年~現在
レーベル Universal Classics and Jazz (UCJ)
公式サイト AledJones.co.uk

{{{Influences}}}

アレッド・ジョーンズ(Aled Jones, 1970年12月29日 - )は、ウェールズ北部の都市バンガー出身の歌手。現在はテレビ・タレントとして活躍しているが、1980年代に、地元の聖歌隊に入り、間もなく世界屈指の美声と非凡な歌唱力によって、ソロのボーイソプラノとして発掘された。英語圏を中心に、国際的にレコード売り上げ記録をはじき出した。

日本にその名が伝わったのは、本人が声変わりを迎えた1980年代中頃であったが、変声期以前の録音がTVCMに利用されただけでなく、その整った容貌からアイドル視され、本人も日本のコマーシャルに出演した。

変声期を終えた後は、フィッシャー=ディースカウなどに師事して声楽家を目指すが挫折。ミュージカル歌手への転向をはかるなどの苦節の末に芸能界入りし、現在はテレビリポーターとして活動するかたわら、歌手として再起を図っている。2001年に結婚して、2人の子供の父親となった。

経歴[編集]

9歳でバンゴール大聖堂の聖歌隊に加わり、それから2年で聖歌隊長に上り詰める。いちじるしく澄んだ美声は、地方のレコード会社セイン(Sain)の注目を惹き、録音契約を結ぶ。アニメ映画『スノーマン』(レイモンド・ブリッグズ原作)の主題歌、「ウォーキング・イン・ジ・エアー」を録音し、そのレコードがヒットチャートを駆け抜けたことでとりわけ有名になったが、映画で実際に主題歌を歌っているのは、セント・ポール大聖堂聖歌隊員のピーター・オーティである。

16歳で声変わりを迎えたことにより、録音活動から一時的に退いたが、それまでにローマ教皇ヨハネ・パウロ2世や英国女王エリザベス2世への御前演奏に参加し、テレビのさまざまな子供番組にも出演していた。クラシックの音楽家として最初に、ポピュラー音楽のヒットチャートにアルバムが2枚同時にチャート入りするなどの記録を誇っている。

変声期の後に、王立音楽アカデミーやブリストル・オールド・ヴィック附属演劇学校に進学、1995年のミュージカルで主役を射止め、ランカシャーへのツアーの際に、未来の妻クレア・ファセットと出逢う。現在の声域はリリック・バリトンだが、テノール歌手として活動したいとの意欲を示している。録音活動も再開した。

アレッド・ジョーンズの録音は、ほとんどのレパートリーが宗教曲やスピリチュアルであり、これまでに16点のアルバムがある。そのうち多くが英国豪州でゴールド・ディスクやプラチナ・ディスクに輝いている。2005年10月には、新譜「ニュー・ホライズンNew Horizons 」が発表予定である。

現在は、英国のラジオ番組「Classic FM」の司会進行を務めるほか、故郷ウェールズでラジオ番組やテレビ番組に出演、コメディ番組でコントを演じるなどで親しまれている。2004年には、イギリスの著名な舞踏家リリヤ・コプィロヴァをパートナーに、BBC社交ダンス番組で競技に参加、全国第4位に入選した。これを機に体調管理と減量に取りくみ、少年時代の端麗な容姿を取り戻したとの評判である。

外部リンク[編集]