アレックス・ライフソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アレックス・ライフソン
Alex Lifeson
2004年9月21日}
2004年9月21日
基本情報
出生名 Alexander Zivojinovich
出生 1953年8月27日(61歳)
出身地 カナダの旗 カナダ
ブリティッシュコロンビア州
ジャンル プログレッシブ・ロック
ハードロック
プログレッシブ・メタル
ヘヴィメタル
職業 ギタリスト
担当楽器 ギター
活動期間 1968年 -
共同作業者 ラッシュ
著名使用楽器
ギブソンES-335
フェンダーストラトキャスター
カーヴィン
PRS
マーシャル
ヒュースアンドケトナー

アレックス・ライフソンO.C.Alex Lifeson, Officers of the Order of Canada、本名アレクサンダー・ジヴォジノヴィチAlexander Zivojinovich、1953年8月27日 - )はカナダギタリスト作曲家音楽家。ロックバンドのラッシュのギタリストである。

2011年、「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」において第98位。

略歴[編集]

1953年8月27日カナダブリティッシュコロンビア州にて、セルビア人系移民の家に生まれる。本来の名字はジヴォジノヴィチで、これはセルビア語で「生命の子」を意味する。現在のLifesonという名字は、この英語訳である。12歳の時にギターを始める。最初に手に入れたのは父親から贈られたクラシック・ギターであったが、やがて日本製のエレクトリック・ギターを入手。以後、ほぼ独学でギターを学ぶ。

1968年にトロントラッシュを結成。これまでに17枚のアルバムを発表。個人としては、1990年代中期にプライマスレス・クレイプール等と共に「ヴィクター」というソロ・プロジェクトで活動して、1996年に同名のアルバムを発表[1]

1997年2月、ニール・パートゲディ・リーとともにカナダ勲章(オフィサー)を授与される[2]。同年、スティーヴ・ヴァイが監修したクリスマス・アルバム『メリー・アックスマス』に、インストゥルメンタルによる「ザ・リトル・ドラマー・ボーイ」を提供した。

2007年、ライフソンがゲスト参加したポーキュパイン・トゥリーのアルバム『Fear of a Blank Planet』が発表された。

音楽性[編集]

  • 緻密に計算された和音と斬新なテクニックがトレードマークである。単純なパワーコードだけでなく、ディレイなどのエフェクター等も効果的に使用して一つの世界を作り上げているといっても過言ではない音の広がりを見せる。
  • ラッシュ結成当時はギブソンES-335マーシャルアンプを主に使用していたが、その後はストラトキャスターカーヴィンPRSなどのギターを経て、現在はまたギブソンを主に使用している。アンプはヒュースアンドケトナーの自身のモデルを使用している。
  • ライブ時にはアンプのスピーカーにマイクを立てて音を拾わずに、ギターアンプのプリアンプ部から直接ミキサー卓に信号を送り、スピーカーからの音はモニターとして活用しているのが音作りの上での大きな特徴。また、足元のペダルボードにはギターの信号そのものは一切流れないように設計されている。これによりエフェクトの操作ミスからシールドが抜けて音が出なくなるといったトラブルの可能性を最小限に食いとどめている。このペダルボードにギターの信号を流さない発想はドリーム・シアタージョン・ペトルーシに影響を与えている。
  • 前述の自身のアンプ(「TRIAMP MkII」)の売り上げの一部(アンプが一台売れるごとに$50)は、ユニセフに寄付されている。

[編集]

  1. ^ Alex Lifeson | AllMusic - Biography by Greg Prato
  2. ^ RUSH biography

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • RUSH - バンドの公式サイト(英語)