アレグザンダー・マウントバッテン (初代キャリスブルック侯爵)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アレグザンダー・マウントバッテン(1905年頃)

アレグザンダー・アルバート・マウントバッテン(Alexander Mountbatten、1886年11月23日 - 1960年2月23日)は、連合王国女王ヴィクトリア王配アルバートの第5王女ベアトリスバッテンベルク公ハインリヒ・モーリッツの長男として誕生した。妹にスペイン国王アルフォンソ13世王妃ヴィクトリア・ユージェニーと弟2人がいる。

父親であるハインリヒ・モーリッツが、ドイツ領邦ヘッセン大公家出身であるため、ドイツ帝国における称号も保持していた。第一次世界大戦でドイツと英国が敵対関係であったため、英国の国民感情に配慮した王室の面々が、ドイツにおける称号を放棄したため、アレグザンダーもそれに従って放棄した。その放棄した称号には、父が名乗っていたバッテンベルク公の称号も含まれていたため、従兄のジョージ5世よりワイト島のキャリスブルック城にちなんだキャリスブルック侯爵の称号を授与された。