アレクセイ・ウリュカエフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロシアの旗 ロシアの政治家
アレクセイ・ウリュカエフ
Алексей Валентинович Улюкаев
Улюкаев Алексей Валентинович.png
アレクセイ・ウリュカエフ
生年月日 1956年3月23日(58歳)
出生地 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦 ロシア共和国モスクワ
出身校 モスクワ大学経済学部、同大学大学院経済学研究科
前職 経済学者、モスクワ大学教授ロシア連邦大蔵第一次官ロシア連邦中央銀行第一副総裁
現職 ロシア連邦経済開発大臣
称号 経済学博士

内閣 ドミートリー・メドヴェージェフ内閣
任期 2013年6月24日 -
テンプレートを表示

アレクセイ・ヴァレンチノヴィチ・ウリュカエフロシア語: Алексе́й Валенти́нович Улюкаев、ラテン文字表記の例:Aleksei Valentinovich Ulyukaev1956年3月23日 - )は、ロシア経済学者政治家2013年6月24日からドミートリー・メドヴェージェフ内閣経済開発相[1]モスクワ出身。経済学博士

経歴・人物[編集]

1956年3月23日、モスクワに生まれる。父は国立土地管理大学教授。 1979年モスクワ大学経済学部を卒業する。1982年モスクワ大学大学院経済学研究科を修了し経済学博士号を取得する。フランスグルノーブルピエール・マンデス=フランス大学から経済学博士号授与。

1982年から1988年にかけて、モスクワ工科建設大学で助手、助教授を務める。1988年から1991年まで、『コミュニスト』コンサルタント、編集長。モスクワ・ニュース政治解説者を務めた。1991年ロシア連邦政府経済顧問。ボリス・エリツィン大統領の下で首相代行や第一副首相などを歴任した急進改革派のエゴール・ガイダルチームに入る。1992年ロシア首相顧問団長。1993年ガイダル第一副首相補佐官。1994年から1996年、さらに1998年から2000年まで、ガイダルが設立した移行期経済問題研究所の副所長を務めた。ガイダルが党首を務めたロシアの民主的選択にも入党し、1995年から1998年まで同党モスクワ支部長を務めた。1998年には右派勢力同盟から総選挙に立候補している。

2000年から2004年まで、アレクセイ・クドリン蔵相の下で大蔵次官。また2000年から2006年まで、モスクワ物理技術大学総合経済学部教授。2007年から2010年まで、モスクワ大学経済学部金融・信用経済学科学科長として大学生に対して「現代の通貨政策と銀行システムの開発」に関する講座を担当した。

2004年4月ロシア連邦中央銀行第一副総裁。2013年6月24日、ロシア連邦経済開発相に就任する[2]

英語フランス語に堪能である。趣味は詩を書くことであり、2冊詩集を出している。家族は夫人との間に二男一女。

脚注[編集]

  1. ^ (ロシア語) Алексей Улюкаев назначен Министром экономического развития(アレクセイ・ウリュカエフ、経済開発相に任命)”. ロシア大統領府 (2013年6月24日). 2014年2月14日閲覧。
  2. ^ (ロシア語) Улюкаев стал министром экономического развития, Белоусов - помощником президента(ウリュカエフ氏が経済開発相に、ベロウソフ氏は大統領補佐官に就任)”. ヴェシチ (2013年6月24日). 2014年2月15日閲覧。

外部リンク[編集]

先代:
アンドレイ・ベロウソフ
ロシア経済開発相
2013年 -
次代:
(現職)